マイアミジャングル

2006年10月12日 (木)

見学者が来た

私の留学先である、マイアミ大学ジャクソン記念病院(通称:マイアミジャングル)移植外科に日本から見学者がやってきた。2年間の初期研修を終え、H大学で今年外科医になったばかりのU先生。移植外科医志望で、休暇を利用して見学にやってきたのである。安易な方向に流れがちな昨今にありながら、彼はとても志が高く、活動的だ。

移植手術の見学に来たのだが、残念ながら滞在中に手術がなかった。しかし、回診や外来診療に参加し、また、こちらで働いている医師や日本から来ている医師にいろいろと話を聞いてだいぶ刺激を受けたようだ。アメリカでの移植外科研修を希望しているようなので、何年か後に再びマイアミを訪れるかもしれない。

私もこれまで2ヶ月半滞在した経験を総動員して案内した。病院や大学はもちろんのこと、それに少しはマイアミナイトライフについても伝えられたことだろう。有望な移植外科医の将来にプラスになれていればうれしいのだが。

これからの外科・移植外科修行は厳しい道のりだと思うが、是非がんばってほしい。