日記・コラム・つぶやき

2014年4月 1日 (火)

「留学」の成果

今日は嬉しい日です。

マイアミ留学で学んできたことを、5年半かけてようやく日本で臨床に活かすことができるようになりました。本日から、私の職場で新しい治療プログラムを開始します。

学問の府、大学にいる我々は、海外へ「留学」することがあります。私は2006年から2年間、マイアミ大学へ「留学」しました。この「留学」という言葉、企業に努めている方々が海外へ「赴任」するのと微妙に異なるニュアンスがあるように思います。「留学」と言っても、私の場合、マイアミ大学の職員として勤めて、仕事をしてきたわけですから、学生が言うところの「留学」とは異なるわけです。しかしながら、学問の世界では、自分たちが持っていない知識、技術を学びに行く、という意識から、「留学」という言葉を使うのではないかと思います。

でも、せっかく「留学」して新しい知識を得ても、帰国してからそれらを活かすことができるかどうか、いろいろと難しい問題があります。日本では、特に地方大学では、研究費を得るということはそう簡単なことではなく、また、”新しい知識”とは、他の人が知らない知識ということですので、その価値をアピールするのは並大抵のことではありません。そのような事情で、せっかく海外で学んできても、帰国してからはそれとは全く関係ない仕事をする、という状況も決して珍しくはないのが実情なのです。

そのような中、5年半前に帰国した私ですが、幸運にも直属の上司や施設のトップの方々のご協力を得ることができ、時間はかかりましたが、海外で学んできた治療法について、施設認定を得ることができ、今日から、実際に治療として行えることになりました。

私の「留学」に続いて、二人の後輩が「留学」しました。一人は糸の切れたタコとなってしまいましたが、もう一人は昨年私のもとに戻ってきて、今回のプログラム立ち上げに一緒に尽力してくれました。残念ながら、彼の後に続く若者がいなくて我々の施設からの「留学」が途切れてしまいましたが、この春からは、私が仲介した別の大学の若者がアメリカへ旅立つことが決まっています。

新しいプログラムはこれからが正念場ですが、「留学」して学んできた経験や知識を日本で活かすという、とても恵まれた立場にいることを幸福に思い、ますます頑張っていきたいと思います。

2013年9月 1日 (日)

初秋

今年は残暑が厳しいですね。

それでも、夜になると虫の音が聞こえてきて、季節の移ろいを知らせてくれます。

今夜は久しぶりのバックヤード,・バーベキュー。珍しく、息子と娘の両方からリクエストがあり、準備を進めていたのですが、当日いきなり嬉しい来訪者が。

ひと組目は、マイアミでご一緒したYさん一家。4人のお子さんがいる大家族なのですが、旦那さんとは訳あって初対面です。何でもご夫婦の馴れ初めは信州にあるらしく度々訪れているとのこと。二女のAちゃんは、マイアミではえらく懐いてくれて、久しぶりに会って感慨無量でした。

二人目は高校の同級生T。マイアミにも2回も遊びに来てくれました。カミさんと息子を放っておいての来訪です。わずか2時間あまりでしたが、楽しいひと時でした。

この年代になると、日々言いたいことも表出できずに悶々とした日々を送りがちですが、そのような時に今夜のような時間は貴重です。ちょっとしたやり取りで分かり合える友達は本当にいいものですね。

明日への活力が湧いてきました。

2013年5月 6日 (月)

ゴールデンウィーク

Alpuspark


今年のゴールデンウィークは、久しぶりに3連休を取得できた。

まず初日は、アルプス公園子どもまつりに出かけた。このイベントは市主催だが、市内の中高生らが様々な催しを企画し、ちびっこ達を楽しませる趣向で、毎年開催されている。今年は特に好天に恵まれ、大勢の人々が来場していた。

長男が太鼓のステージに出演するため、末の娘とともに出かけてきたのだが、娘は到着するなり広い公園を走り回り、目を離すとすぐ見失ってしまいそうになって、追いかけるのに必死。幸い、太鼓の演奏の際はちょうど昼時と重なったこともあり、お弁当を食べさせながら、ビデオ撮影を行うことができた。

長男は最上級生ということもあり、(AKB48風に言うと)初のセンターを獲得、堂々と演奏していた。途中キョロキョロあたりを見回していたので、後で注意すると、我々がどこにいるのか気になって探していた、とのこと。まぁ、それなら仕方ないか。

2日目、3日目は家族全員で、カミさんの従兄弟の家族とともに天平の森へキャンプに出かけた。今季初キャンプである。

ゴールデンウィークに入ってから予約したのだが、運良く端っこの1サイトが空いていた。天候にも恵まれ、チェックイン時間ほぼピッタリに到着すると、さらに運がいいことに、2連泊を予定していた別のキャンパーが、昨夜あまりに寒くて眠れなかったため1泊のみで帰ってしまい、そのキャンパーが使用していた広いサイトが空いているとのこと。早速そちらに移動させてもらい、テントを2張設営した。

子供らは早速あたりを走り回っている。日が昇っている間はそれなりに暖かく、せっかくの休みだから、ということで日が高いうちから炭に火をおこし、バーベキューを始めた。マイアミで教えてもらったレシピで作ったマッシュルームのおつまみもグ~。バーベキュー定番のカルビも美味しいけど、最近は豚バラを焼いて油を滴らせながら味わうのにハマっている。そういえばマイアミで食した豚の丸焼きも美味しかったよな~。

食後は定番のマシュマロを焼く。夜が更けるとまだ肌寒いが、空には満天の星が。iPadのアプリ「星座表」で星空に太陽系の惑星を見つけていく。忙しい毎日が嘘のように、時間がゆっくりと流れていく。

やはりキャンプはいい!

2012年9月29日 (土)

BBQ

朝晩はめっきり涼しくなって来ました。
Garden

夏の間は、今春に張り替えた芝生の雑草取りに追われましたが、そのおかげあってか、だいぶ綺麗な庭になって来ました。週末には、芝の上でBBQを楽しんでいます。

Bbqgrill
アメリカから帰国する際に持って帰ってきた本場のBBQグリル。足のネジがひとつどこかへいってしまったこと以外は全く問題なく、4年経った今も大活躍しています。丸底のためか火力の調節がしやすく、底に取り付けられた灰入れのお陰で後片付けも楽チンで、重宝しています。

最近はCostcoを訪れていないので、ニューヨークステーキはおあずけ状態ですが、マイアミで教えてもらった焼肉のつけダレレシピを今も好んで使っています。BBQは網焼きによって余分な油が下に落ち、パリっと焼きあがるのがミソで、フライパンで焼く肉とは比べ物にならないくらい美味しく食べられます。もちろん、野外で食べる(呑む?)という行為も格別なわけですが。

Fishbbq
先日は肉ばかりでなく、魚も焼いてみましたが、油が落ちて皮がパリパリに焼け、油の乗った身と相まって美味しくできました。

ベルリンで購入してきた専用のケチャップとカレー粉を使ったカレーブルストも最近の定番メニューの一つです。

食後は、子供らの大好きなマシュマロを焼き、スナックに挟んでがぶり!甘ったるいけど、美味しい!!先日はチーズの塊を火にかざして食してみましたが、これが想像以上に美味しい。溶けてきた周囲をすこしずつかじっていくのですが、まろやかなチーズの食感が格別で、ワインが進みます。

秋の夜長にBBQ。美味しいですよ。

2012年5月 4日 (金)

芝張り大作戦

Sany0135_2
ゴールデンウイークを利用して庭の芝生を張り替えた。

一昨年のリフォームの際に、半年間ブルーシートの下敷きになっていた芝生が枯れてしまった。昨年は、肥料を撒いたり、目土をいれたりして復活させようと試みたが叶わず、今年は庭全体の半分くらいの芝生を張り替えることにした。

ゴールデンウイーク初日、息子と一緒に、通路に用いる大きめの石を川原へ拾いに行った。あまり上流までは出かけられなかったため、やや小ぶりの石となってしまったが、十分な数を集めることができた。
中日には、園芸屋さんに出掛けて目土と芝生を購入。高麗芝なのでシート状となった芝を張るのだが、この日は必要な枚数の3分の1しか手に入らなかった。

ゴールデンウイーク後半に休みが取れたので、いよいよ作業だ。大人数の方が良いので、義父母や従兄弟に声をかけ、集合してもらった。畑用のマメトラを持ってきてもらったのだが、こいつが大活躍してくれた。

まずは枯れた芝生を掘り起こし、土を柔らかくするのだが、30m2くらいあったので、手作業では大変だ。でも、マメトラを操る従兄弟の旦那さんがあれよあれよという間に耕してくれた。川原で拾った石を埋めるスペースを決め、柔らかくなった土を芝の高さプラスα分だけ削って平らにし、目土を薄く拡げていく。そしてその上に芝生を一枚一枚張っていく。

ちょっと離れた園芸屋さんに芝生が残っていることがわかり、足りない分を購入して、全面に張ることができた。芝生を踏みつけて下の土と密着させ、隙間に目土を入れていって平らにする。最後に水を撒いて終了だ。子供らがせっかく張った芝生を踏み荒らさないようにビニール紐を張って柵替りとした。

手伝ってもらったおかげで一日で作業が終了。夕方からは、今シーズン初のバーベキューで宴会となった。芝を傷めないように駐車場スペースにテーブルを広げて乾杯。作業の後だけにビールが美味しい。友人から頂いたヤマメも美味しく焼けて、楽しい夜は更けてゆく。今季初の花火には子供らも大喜びだ。
Sany0138

夏には新しい芝生の上でバーベキューできるといいね。

2012年5月 3日 (木)

山菜採り

早足で春がやって来た。
今年の桜はパッと咲いて、サッと散ってしまった。いよいよ山菜シーズン到来だ。今年も友人に連れられて、近くの山へ分け入った。この時期は木々の葉があまり広がっていないので、下界を見渡すことができ、良い眺めが広がっている。

1336306531206.jpg

たらの芽はだいぶ収穫されてしまっていたが、ハリギリやコシアブラを含めると、1時間あまりで十分な量の山菜を採ることができた。

1336306532015.jpg

1336306532410.jpg

1336306534020.jpg

家に帰り、さっそく天ぷらにして、日本酒とともに味わった。ん~、極楽、極楽。

2012年4月 8日 (日)

高校同窓会

高校を卒業して25年、四半世紀ぶりに同窓会が開かれ、本当に久しぶりに母校を訪れました。

1333981524810.jpg母校の旧本館。朝の連ドラ「おひさま」でロケに使われ、最近では観光客もたくさん訪れるそうです。


クラスメートたちの顔を覚えているか不安で、卒業アルバムで予習。あとで聞いたところでは、旧友たちもみな同じことをしてこの日を指折り待っていたようです。

電車から見る風景は、当時とはすっかり変わっていました。駅を降りると、さっそく卒業式以来となる旧友たちと再会。天気が良かったので、学校まで歩きました。さすがに25年を経て、街も大きく変わってはいましたが、所々に懐かしい場所を発見し、大いに盛り上がりつつ学校に到着。

ここからは一気に時間が巻き戻りました。祝賀式は新しくなった体育館でしたが、嬉しかったのは、当時化学を教わった先生が校長先生になっていたこと。聞けば今年度で定年退職とのこと。逆算すると、今の我々より少し若い頃に教えてくれていたのですね。不思議な感じです。

卒業生360人のうち実に190人以上が集まったらしく、OB会会長からはお褒めの言葉をいただきました。幹事諸君の努力の賜物でしょう。でも、同時に開催されていた60周年同窓会にも結構な数の大先輩がたが集まっていたので、やはりTeenageの多感な時期を一緒に過ごした仲間同士は特別なのではないでしょうか。

続いて、場所を近くのホテルに移して祝賀会が催されました。みな食べるのも忘れてひたすら話し、時はあっという間にすぎてしまいました。海外からこのために帰国した友人もいて、結束力の強さを物語っていました。会って話してみると、実はみなあまり変わってなくて、25年という月日がまるで嘘のように、楽しく語り合った数時間でした。

遠方からの出席のため、2次会に出ることは叶わず会場を後にしましたが、とても清々しい気分になれた1日でした。

次に再会するのはいつのことだろう。楽しみです。

2012年1月27日 (金)

人間ドック

人間ドックを受けた。
職場検診は受けていたが、ドックは2年半ぶりだ。場所は以前赴任したことのある病院。徒歩5分行くと渓谷に至る田舎の病院だ。
自分の手技の参考になるように、胃内視鏡は無麻酔で受けているが、今回はかなり落ち着いて自分の胃を観察することができた。最近忙しくて晩酌が減ったせいか、とても健康的な胃であった。
前回は肺に陰影がありCTで不顕性の肺炎と診断され、年を感じてショックだったのだが、今回は問題なかった。
体脂肪率は20 %台でメタボはなし、筋肉量は20歳代並み。なのに肺機能による肺年齢は、実年齢より10歳以上高い 54歳ってどういうこと?タバコは吸っていないのに。水泳でもして肺を鍛えなきゃいけなさそうだng
昼食後は近くの温泉に入って久しぶりにのんびりし、午後にはその病院の当直業務についたのであった。

2010年12月26日 (日)

家のリフォーム

半年以上ブログの更新が滞っていました。この間、家のリフォームにかかりきりでしたが、明日ようやく引っ越せそうです。

事の起こりは昨年、”無料”の一言につられて耐震診断を行なったことに始まります。判定は「ちょっと大きな地震が来たら倒壊します」。我が家は私より年寄りの築45年で、築年数の割には基礎もしっかりしており、地盤の沈下もなかったようなのですが、なにせ昔の基準で建てられているので壁面の強度が根本的に不足していることに加え、風呂場の柱がシロアリにやられて中空(!!)になっており、ボールペンで柱に穴をあけられる状態でした(恐)。これは耐震工事が必要だ、と言うことでいろいろ調べ始めたのが今年のはじめ。春先にモデルハウス巡りをして建築会社に相談を始めました。しかし、モデルハウスを回っていると「あれいいな、これいいな」となってきてしまうわけです。我が家の冬の寒さは尋常ではないし、子供も大きくなってきたので子供部屋も必要だな、台所も使いやすくしたい、私の部屋にも手を入れたい、と話はどんどん大きくなっていき、結局”ビフォーアフター”の如くスケルトナイズしての全面リフォームになってしまったわけです。

そのため、夏場に近所の借家に引っ越し。これまた尋常ではない荷物の量で、借家の一室は完全な物置と化し、寝室には十分な数の布団を敷けないので、最後に眠る私はいつも隙間を見つけて布団に潜り込むような生活でした。リフォーム途中で様々なトラブルが発覚し(絶妙なバランスで絶対抜くことのできない邪魔な横柱とか、床を外してはじめて発覚した子供部屋の中の段差などなど)、完成が遅れて年の瀬も押し迫ったクリスマスにようやく引渡しと相成りました。工務店の皆さん本当にご苦労さまでした。

今はまた借家の中はダンボール箱だらけとなり、果たして新年は少しは片付いた状態で迎えられるのか、甚だ心もとない状態ではありますが、ひとまずブログで報告するくらいの心の余裕が出てきました。ひとまずは明日の引越しが今年最後の一大イベントです。次回は自慢気に新しくなった家のことを報告できれば良いのですが。

それでは皆さん、寒波襲来で寒さが厳しくなってきましたが、良いお年をお過ごし下さい!

2010年2月19日 (金)

Taylor Swift

グラミー賞で、カントリーミュージックのシンガーソングライター、Taylor Swiftがアルバム賞ほかを受賞しました。

グラミー賞のノミネートを伝えるVOAニュースで、”White Hourse”を耳にして気に入ってしまい、早速iTunes Music Storeでアルバム”Fearless”を購入しました。アルバムに収録された曲はいずれもすばらしく、ティーンエイジャーの時に発表したとは信じられません。特に、娘を持つ親としては”The Best Day”の歌詞が心に染みます。他の曲もカントリーなリズムが心地よく、今や車を運転する際のBGMの定番になっています。以前の曲も試聴してみましたが、今回のアルバムの曲には及ばないようで、この1枚で大ブレイクしたようですね。

Disney映画”Hannah Montana The Movie”では新曲”Crazier “を歌っていますが、こちらもすばらしい出来です。アメリカではすでにDVDやブルーレイのソフトが発売されていますが、特典映像として” Crazier“のミュージックビデオが収録されています。

今回アルバム”Fearless”は日本のiTunes Music Storeでも販売していましたが、マイアミにいたときに作ったアメリカのiTunes Music Storeのアカウントを維持しているので、こちらで購入しました。同じ曲を購入する場合でもアメリカの方が安価ですし(1曲99セントからあるし最近では円高なので)、また、日本のiTunes Music Storeではなかなか手に入らないサルサなどもダウンロードでき、非常に便利です。アカウントを取得するには、アメリカの住所を登録してあるクレジットカードと、日本のアカウント用のものとは異なるメールアドレスが必要ですが、取得してしまうとアメリカ国外から、つまり日本からでも曲を購入できます。アップルは、この件に関して音楽レーベルからはいろいろと言われているようですが、利用者にとってはありがたいですね。

より以前の記事一覧