旅行・地域

2015年9月26日 (土)

American Style

今回のマイアミ滞在では、友人宅にお世話になった。

マイアミ留学時にホストファミリーのようにお世話になった友人なのだが、4年ほど前に牧場を開いて、マイアミの南方にあるHomesteadという隣町に移り住んでいた。
マイアミ国際空港に迎えに来てくれて、Turnpike(有料Highway)をひとっ走りすると、街中を抜け、広大な農場が広がる景色となった。
翌朝、時差ボケもあって夜明け前に起きると、既に友人は朝の仕事にとりかかっていた。山羊の乳搾りだ。搾った乳からチーズを作る。
たくさんの種類の鶏がいて、卵を生んでいる。
馬もいた。馬は、農場の動物たちの中で唯一、自分らの食い扶持を稼ぐことができない動物なのだそうだ。要するに友人たちの道楽、ということだろう。
農場にはアボガドやバナナが植えられている。木々の間が広く、水遣りはスプリンクラーで行う。草刈りは底面にカッターを取り付けたトラクターの出番だ。
朝食は農場で取れたものばかりで作られている。自然の恵みに寄り添った暮らしだ。
夜になると、山羊の仔が生まれそう、お隣さんから友人が呼ばれた。友人は動物のお産婆さんでもあるらしい。お隣さんとは言っても、車で10分位かかる距離だ。お隣さんの農場には大きな池が会って(滝まである高低差のある大きな池だ)、魚が飼われていた。
すべてのスケールが大きい。
これがAmerican Styleか。

2015年8月10日 (月)

マンハッタンへ寄り道

今回の渡米は、JAL(+アメリカン航空とのコードシェア便)を利用した。行きはシカゴで、帰りはニューヨークで乗り換え。ふと、1日早くニューヨークへ移動したら一晩マンハッタンで遊べるではないか、と思い立ち、ニューヨーク州在住の友人へ連絡、さらにJALに電話してマイアミ→ニューヨーク便を1日早めて実現の運びとなった。

今回のマンハッタン滞在の目的は、パストラミ、前回訪問時はまだ工事中だったグランドゼロの跡地に建てられたOne World Trade Center、そしてJazz Clubだ!

WorldtradecenterOne World Trade Center、混んでいたので眺めただけ

友人の案内で全て(+α)実現!特に素晴らしかったのは、Blue NoteでのJazzの生演奏だ。夕食時のセッションを予約してもらい、ステージかぶりつき席で本場のJazzを堪能した。

BluenoteBlueNote NYで生JAZZ!

いやぁ、これだけでも今回の夏休み、はるばるアメリカまで来た甲斐があったよ。
さらに今回は、壊れてしまったバーベキューコンロに代わる、新しいコンロを直輸入しようと企んだ。友人にweber社製22.5インチコンロを、近所のホームセンターで事前に購入してもらった(金額は日本で輸入品を購入するのに比べて半額以下)。友人に運搬用の車輪までつけてもらって、当日は人力で運搬。ブロードウェイストリートをゴロゴロ転がし、地下鉄で空港へ運んで、預け荷物へ。
「中にCharcoal(炭)は入ってないよね?」
と、さんざんチェックされたものの、ちゃんと預け荷物として受け取ってもらえた。ぶん投げられると困るので、壊れ物扱いを依頼。
空路、日本へ。無事成田空港のBaggage  claimで受け取る。周りの好奇の目がやや突き刺さるが、no problem。直輸入成功だ。
わずか一晩の滞在で、かなりニューヨークを満喫できた。
本当に素晴らしいおもてなしをありがとう!!

2015年8月 7日 (金)

Calle OCHO!

今回のマイアミ訪問では、キューバとアメリカの国交回復を記念して、Little Havanaを訪ねてみました。

Calleocho

続きを読む "Calle OCHO!" »

2015年8月 5日 (水)

マイアミ再訪

夏休みを利用して、6年ぶりにマイアミ訪問することになりました!

長女が
「ホームステイしたい」
と言い出したのが発端。早速マイアミの友人に打診してみると、OKの返事でした。

高校生の娘に一人旅させるのも心配なので、行きだけでも送り届けよう、ということになりました。妻との夏休みが合わなかったので、私一人が引率することに。マイアミ滞在は実質2日間という強行軍となりましたが、何せ6年ぶり。あれしたい、あそこへ行きたい、と妄想は膨らみます。

ひとまず急な仕事も入らず、無事出国できました。

夏休みを満喫するぞ!

2014年12月 5日 (金)

Food@Edmonton

Edmontonで楽しんだ食事の数々

P1050253Sukiyaki Beef@Edo (Japanese fast food@HUB.UoA)

P1050270麻婆豆腐丼@Ho Ho's Chinese Food(好好)

Img_1353Steak & Mushroom Pie@The Sherlock Holmes Pub

Img_1354Fish & Chips@The Sherlock Holmes Pub

Img_1356Bacon&Egg Muffin@Tim Hortones

Img_1357Blackened Salmon@ORIGINAL JOE'S

Img_1358New York Steak@ORIGINAL JOE'S

Img_1362Lunch@Second Cup

Img_1365Kansas Ribs@ORIGINAL JOE'S

Img_1366Chipotle Chicken Quesad@ORIGINAL JOE'S

Img_1372Lonestar Burger@Rodeo Burgers

Img_1387The Original Bulldog@Julio's Barrio

Img_1383Taco Beef Salad@Julio's Barrio

Img_1381Nachos@Julio's Barrio

Img_1382Patiacitas@Julio's Barrio

2014年11月30日 (日)

Shopping in Edmonton

週末だ!

P10501438時を過ぎてようやく夜が明ける

2日間降り続いた雪は上がり、良い天気となった。気温は-20℃超。雪はとても締まり、歩くと「キュ、キュ」ではなく「カリッ、カリッ」と音がする。このままマイナスの世界が続くようなので、春までずっと根雪になるのだろう。

P1050287すっかり一面の銀世界だ


Downtownへ行くことにした。電車LRTに乗ってNorth Saskatchewan Riverを渡る。川はほぼ全面凍結している。Central Stationで下車し、外に出る。が、寒すぎて10分間くらいでGive-up。Edmonton City Centreに飛び込む。Shopping Mallになっているが、土曜日の朝は人影はまばらだ。Centreを中心に、周辺の駅や劇場などが地下や2階で接続されて、外に出ずに歩き回れるようになっていた。Pedwayというらしい。

P1050234P1050294University LRT StationからLRTに乗ってDowntownへ


周辺には広場や植物園など観光できる場所もあるのだが、寒くてとても出かける気にならず。Busに乗ってWest Edmonton Mallへ行くことにした。

West Edmonton Mallは郊外にあるShopping Centreで、世界最大級という触れ込み。中にはプールを始め、アミューズメントパーク、アイスホッケー場まである。たしかにデカイ!!広大な敷地があって、冬の寒さのためすべてをインドアで作る必要があることから最大級となったのだと思う。
P1050295Mall内にアイスホッケー場が!子供らのプレイを親が応援していた

P1050298アミューズメントエリアではアシカショーも行われいている

P1050300波のプールもある

中にある店はアメリカとあまり変わらないが、Maple Sugar Shackはカナダらしい。メープルシロップのアイスワインを購入。さらに歩きまわっていると、カウボーイウェアの店を発見!LAMMLE'S WESTERN WEAR & TACKだ。喜び勇んで、黒のカウボーイハットを購入。またカミさんと娘に呆れられるかもな~。

P1050312

続きを読む "Shopping in Edmonton" »

2014年11月28日 (金)

極寒の世界

エドモントンは寒い!

Img_1328すでに雪にすっかり覆われてしまったアルバータ大学病院

昨日今日と雪が降り、気温が急に下がった。覚悟はしてきたのだが、やはり-20℃の世界は強烈だ。目が凍りそうで開けていられない。数日前の到着時は天気が良く、寒さが緩んでいた時だったそうなので、ダウンジャケットに手袋、スキーの時に使う帽子で完全防備すれば、外歩きも苦にならなかった。しかし、気温が下がり、雪が降り続く今日は、10分の歩行でも凍りついてしまう。
アルバータ大学は学生数4万人を誇るマンモス校で、敷地は広大だ。大学構内は暖房がよく効いており、各学部のビルが2階にある歩行用の橋で繋がれているので、寒い外に出ずに移動できる。寒すぎて外を歩くことが困難だからであろう。医学部や病院内も同様に橋で接続されていて、少々遠回りにはなるが、近くの建物から中に入り、2階に上がって橋伝いに移動することができる。さすがにそうしないと体の隅々まで凍りついてしまいそうな気候である。これでまだ11月なのだから、想像を絶する世界だ。

Img_1339建物同士が橋で繋がれ、外に出ずとも構内を移動できる

雪はさらさらのパウダースノー。風が強く、ブリザードのようだ。1日降り続き、歩道の雪かきがひっきりなしに行われている。雪を想定してブーツを持ってきたが、到着早々ソールが壊れてしまった。困った。ひとまずもうひとつ持ってきたもう一つの靴を履いているが、こちらは普通の靴。雪道を歩くのは大変だ。

P1050212001ブーツのソールが取れかけてしまった

すると、アルバータ大学のHUBに靴修理の店を発見。ラッキーだ。早速修理を依頼する。店員さんが話しているのはイタリア語かな?なかなか修理が難しかったらしく、まる2日間かかって、料金もそれなりにかかったが、すっかり治った。

P1050269接着するだけではうまくいかず、がっちり縫い付けてくれたらしい

これで雪道も問題なく移動できそうだ。体のほうが寒さに悲鳴を上げてしまっているのだが。雪山でのスキーの時のようにFace MaskやLeg Warmerも持って来るべきだった。

2014年7月31日 (木)

サンフランシスコの食事

今回、サンフランシスコで味わった食事を紹介。ほとんど飛び込みで入ったお店ばかりだけど、結構ハズレなし。

まずはJonny Foley's Irish Houseのカラマリとチキンウイング。ギネスビールが合う!


続いてSUPER DUPER HUNBURGERのSuper Hunburger。結構いい値段だけど、肉汁がしたたって美味い。


BOUDINのクラムチャウダー。ボリュームたっぷり。


YANK SING羊城茶室の飲茶。


Jon's GrillのNew York Steak。素朴な味わいで、家族連れが多く訪れていた。


Hunan Home's Restaurant。美味しい中華、写真は焼きそば。



PIER23 Cafeの生牡蠣。小振りだが、濃縮した旨味。


CRASTACEANのRoast Crab。美味い!!!ここは予約して行った。


Swan Oyster Depotのクラムチャウダーと生牡蠣。6種類の牡蠣を味わえた。カウンター席のみの家族経営のお店だが、また訪れたくなる。




2014年7月26日 (土)

ナパバレー

サンフランシスコといえば、やはりナパバレーは外せない。H.I.Sのナパ・プレミアム・ワインツアーに参加した。日本人のガイドにVanで案内してもらい、5つのワイナリーを巡るこのツアー。ロサンゼルス在住の家族と若者グループとともにナパバレーへ。

今回訪れたのは以下のワイナリー。
1DOMAINE CARNEROS
2OPUS ONE
3ROBERT MONDAVI
4V. SATII WINARY
5INGLENOOK

それぞれのワイナリーで試飲(有料)した。OPUS ONEはもちろんよかったが、印象強かったのがフランシスフォードコッポラ所有のワイナリー、INGLENOOKで試飲したRubicon2010。


DOMAINE CARNEROS

この辺りはナパで最も美しい眺めらしい

試飲して、気に入れば購入できる

ナパの聖地、OPUS ONE

ROBERT MONDAVI

INGLENOOK

Rubicon 2010 美味しかった!


試飲し過ぎて、帰りの道中は熟睡し、Bay Bridgeを渡ったのも気付かず。でも、非常に満足したツアーであった。

2014年7月25日 (金)

サンフランシスコへ

今年の海外出張はサンフランシスコ。実に3年ぶりのアメリカだ。

今回は、羽田発のサンフランシスコ直行便。24:05発なので、夕方まで仕事をしてから出かけて、前泊なしで行ける。機内は寝ずに、日付線を戻って前日の夜にサンフランシスコ到着の予定だったが、締め切り仕事を片付けるために完徹してからの出発となり、あえなくダウン。機内は爆睡してしまった。
隣の席は、夏休みにサンフランシスコ在住の友達のところへ出かける学生さん。初めての一人旅とのことで不安そうだったので、入国手続きを手伝った。
あっと言う間にサンフランシスコ国際空港に到着。バートと言う電車で市内へ移動。30分で到着。近い。今回の移動は無駄がなく、効率的だった。


バートに乗って市内へ

ホテルにチェックインし、夕食は近くのIrish Pub、Jonny Foley's Irish Houseへ。地元のビールで乾杯だ。外は少し肌寒い。
その夜も問題なく寝付けた。時差ぼけは大丈夫なようだ。明日から精力的に動き回ろう。