« 2014年7月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

Shopping in Edmonton

週末だ!

P10501438時を過ぎてようやく夜が明ける

2日間降り続いた雪は上がり、良い天気となった。気温は-20℃超。雪はとても締まり、歩くと「キュ、キュ」ではなく「カリッ、カリッ」と音がする。このままマイナスの世界が続くようなので、春までずっと根雪になるのだろう。

P1050287すっかり一面の銀世界だ


Downtownへ行くことにした。電車LRTに乗ってNorth Saskatchewan Riverを渡る。川はほぼ全面凍結している。Central Stationで下車し、外に出る。が、寒すぎて10分間くらいでGive-up。Edmonton City Centreに飛び込む。Shopping Mallになっているが、土曜日の朝は人影はまばらだ。Centreを中心に、周辺の駅や劇場などが地下や2階で接続されて、外に出ずに歩き回れるようになっていた。Pedwayというらしい。

P1050234P1050294University LRT StationからLRTに乗ってDowntownへ


周辺には広場や植物園など観光できる場所もあるのだが、寒くてとても出かける気にならず。Busに乗ってWest Edmonton Mallへ行くことにした。

West Edmonton Mallは郊外にあるShopping Centreで、世界最大級という触れ込み。中にはプールを始め、アミューズメントパーク、アイスホッケー場まである。たしかにデカイ!!広大な敷地があって、冬の寒さのためすべてをインドアで作る必要があることから最大級となったのだと思う。
P1050295Mall内にアイスホッケー場が!子供らのプレイを親が応援していた

P1050298アミューズメントエリアではアシカショーも行われいている

P1050300波のプールもある

中にある店はアメリカとあまり変わらないが、Maple Sugar Shackはカナダらしい。メープルシロップのアイスワインを購入。さらに歩きまわっていると、カウボーイウェアの店を発見!LAMMLE'S WESTERN WEAR & TACKだ。喜び勇んで、黒のカウボーイハットを購入。またカミさんと娘に呆れられるかもな~。

P1050312

続きを読む "Shopping in Edmonton" »

2014年11月28日 (金)

極寒の世界

エドモントンは寒い!

Img_1328すでに雪にすっかり覆われてしまったアルバータ大学病院

昨日今日と雪が降り、気温が急に下がった。覚悟はしてきたのだが、やはり-20℃の世界は強烈だ。目が凍りそうで開けていられない。数日前の到着時は天気が良く、寒さが緩んでいた時だったそうなので、ダウンジャケットに手袋、スキーの時に使う帽子で完全防備すれば、外歩きも苦にならなかった。しかし、気温が下がり、雪が降り続く今日は、10分の歩行でも凍りついてしまう。
アルバータ大学は学生数4万人を誇るマンモス校で、敷地は広大だ。大学構内は暖房がよく効いており、各学部のビルが2階にある歩行用の橋で繋がれているので、寒い外に出ずに移動できる。寒すぎて外を歩くことが困難だからであろう。医学部や病院内も同様に橋で接続されていて、少々遠回りにはなるが、近くの建物から中に入り、2階に上がって橋伝いに移動することができる。さすがにそうしないと体の隅々まで凍りついてしまいそうな気候である。これでまだ11月なのだから、想像を絶する世界だ。

Img_1339建物同士が橋で繋がれ、外に出ずとも構内を移動できる

雪はさらさらのパウダースノー。風が強く、ブリザードのようだ。1日降り続き、歩道の雪かきがひっきりなしに行われている。雪を想定してブーツを持ってきたが、到着早々ソールが壊れてしまった。困った。ひとまずもうひとつ持ってきたもう一つの靴を履いているが、こちらは普通の靴。雪道を歩くのは大変だ。

P1050212001ブーツのソールが取れかけてしまった

すると、アルバータ大学のHUBに靴修理の店を発見。ラッキーだ。早速修理を依頼する。店員さんが話しているのはイタリア語かな?なかなか修理が難しかったらしく、まる2日間かかって、料金もそれなりにかかったが、すっかり治った。

P1050269接着するだけではうまくいかず、がっちり縫い付けてくれたらしい

これで雪道も問題なく移動できそうだ。体のほうが寒さに悲鳴を上げてしまっているのだが。雪山でのスキーの時のようにFace MaskやLeg Warmerも持って来るべきだった。

2014年11月25日 (火)

洗濯

短期留学とはいえ、それなりの期間生活することになればいろいろと必要なことが出てくる。

洗濯もその一つだ。今回のホテルはコンドミニアム形式の宿なので、Landry roomがついている。今日は早くに帰れたので、早速洗濯にとりかかることにした。

P1050213_2部屋と同じ階にLandry roomが備え付けられている

P1050216_2操作はいたってシンプル。料金も$3.00と安い

まずは洗濯機に日本から持ち込んだ粉石けんを入れ、さらに洗濯物を入れる。コインで料金を払い、続いてスタートボタンを押すとあとは30分待つだけだ。
乾燥機もあったが、洗濯は部屋に持ち帰り、Bed roomに干した。ちゃんと洗濯紐も持ち込んでいる。

P1050221_2かくして、Bed roomには万国旗が翻ることに相成った

部屋は乾燥していて、さらに暖房が効いているので、あっという間に乾いた。

P1050314P1050317スチームアイロンも部屋に備え付けられている


これでしばらく着替えは問題ないぞ。

自炊

今回の短期留学では、留学先の大学にほど近いホテルに滞在しています。

ラボまで歩いて10分という立地もさることながら、キッチン付きのコンドミニアム形式の宿で、留学の雰囲気が盛り上がります。

P1050130奥がキッチンで、コンロや冷蔵庫、電子レンジもついてます


早速、ラボの下にあるGrocery storeで買い物し、自炊をはじめました。マイアミで生活を始めた時と同様、米と飯盒も持ち込んでいます。

Img_1316Grocery sroreで買い物。これがまた楽しい

P1050133手間がかからず調理できるものを中心に

P1050194アルコールは必需品。ビールもワインもカナダ産

P1050139今回は日本から調味料や味噌汁、インスタントラーメンを持ち込みました

P1050137初日はアルバータ牛のステーキ。味付けは持ち込んだポン酢わさびです

P1050138朝食はシンプルに

P1050195ソーセージも旨い

もちろん外食も楽しむ予定です!

2014年11月24日 (月)

再留学!

遂に再留学を果たしました!

とは言っても短期留学ですが。我々の研究分野ではメッカと呼んでも良い、カナダはエドモントンにやって来ました。

Img_1315_2エドモントン国際空港に到着。素晴らしい天気!

マイアミ留学の時もそうでしたが、今回も円が安い!カナダドルに両替すると、つい数か月前と比べても、1~2割の値上がり。これまで為替ではほとんど得したことがありません。

今回はCiti Bank Cardを活用し、現地で日本の円口座からカナダドルで引き出すことにしました。でも、ちゃんとCiti Bank Cardを使えるATMがみつかるか不安だったので、それなりに円を持参。Credit CardもMaster、VISA、JCB、American Expressと、フルに持って来ています。旅慣れてないな〜。

けれど、到着したエドモントン国際空港でATMが見つかったので、杞憂に終わりました。Citi Bankでは、日本円口座のCiti Bank Cardをそのまま使用して、各国のATMから現地通貨で現金を引き出すことができます。為替レートはその時々のものが用いられます。Credit Cardだと、カードを使用した時ではなく、引き落としとなる時の為替レートが採用されるので、最近のように円安が進行しているときは損する可能性が高いため、今回は現金運用の予定でいます。空港のATMでは1回の引き出しで3カナダドルの手数料がかかったので、滞在中に使用する現金をできるだけ多く1回で引き出す方が得する事になります。

旅行ガイドではこの時期のエドモントンの平均最低気温はマイナス。真冬日の毎日か、と覚悟してきたのですが、以外にもさほど寒くありません。この週末は寒さが緩んでいるとのこと。さらに好天だったため、最初からいきなり極寒の世界を経験せずに住んだようです。
カルガリー国際空港でのトランジットの際も1本早い便に間に合って変更できたため、明るい時間帯にエドモントンに到着できたし、どうやら今回の再留学は幸先の良いスタートとなったようです。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年12月 »