« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月22日 (日)

PC新調

PCを新調した。

前回PCを購入したのはマイアミ留学の前だったから、もう6年前になる。その時も持ち運びを考えてコンパクトノートブックを検討していた。それ以前に使用していたのはVAIOで、そのコンパクトさは気に入っていたのだが、SONYは様々な独自規格品を駆使してコンパクトにするのが得意なようで、いざメモリーやハードディスクを交換しようとするといろいろな制約が出てくるのが嫌だった。そのようなときに購入したのが、TOSHIBA DYNABOOK MX/290DRだった。コンパクトなだけでなく、堅牢で、モニタ用のコネクタもすべて汎用規格に沿っており、使い心地は満点。その上デザイン面も優れており、マイアミで周りの人から"Cool! What bland is that?"と聞かれたこともあったっけ。

ハードデイスクを換装し、Windows XPのままこれまで使い続けてきたが、さすがに色々と不便を生じるようになってきた。そこに来て、今年末にWindows 8が発表されるとのアナウンス。聞けば、タブレットとの相性を良くするためにタッチパネルを全面的に取り入れるとか。タブレットOSへの対抗心がありありだが、とてもこなれたものが発表されるとは思えず、発表後も、ソフトウェアの対応に相当時間が掛かると思われる。

そこで意を決してPCの新調と相成った。機種はもちろんTOSHIBA DYNABOOK。数年前から考えてはいたのだが、条件が合致しなかったので見送ってきた経緯がある。私の用途で重視するのは以下の点だ。

1.コンパクトで、持ち運びが苦にならないこと
2.ディスクドライブを積んでいること。宿直時の空き時間に鑑賞するため、ブルーレイが必須
3.この先5年間程度は古びずに使用できそうなこと

TOSHIBAはDVD-HDを推進してきて挫折した経緯があり、ブルーレイディスクの搭載機種が一部に限られている。しかし、昨年夏からついにコンパクトノートにも搭載機種が出てきた。まだWebでしか購入できないが、R731がそれである。値段は張るが、これなら条件をすべて満たしている。春モデルは、タイでの洪水が影響してか、最初に発表された値段はかなり上昇してしまっていたが、ここに来て値引きされるようになり、先週、ついにポチったのである。

現在、嬉々としながらセッティング中だ。先代に比べ金属部品が少なく、やや堅牢感がなくなってしまったが、相当軽い。画面は大きく、画質もいい。さっそくブルーレイディスクを鑑賞したが、レスポンスも早く、十分実用的だ。

何よりも嬉しいのは、ここ数年でフリーウエアが充実し、ソフトウェアにお金をかけないで済むようになってきたことだ。これまでにインストールしたソフトウェアは以下のとおり。

1.グーグル・クロム
2.ウイルスバスター2012クラウド
3.グーグル・日本語入力
4.Lhaplas
5.DropBox
6.iTunes
7.Quicktime
8.Picasa
9.マイクロソフト・オフィス2010

有料なものは2と9だけだ。もちろんまだまだ必要なソフトウェアはたくさんあるが、以前に比べれば雲泥の差。その上、クラウドによりデータをあまりコンピューター内に保存しておく必要がなくなってきたのも楽だ。

もしかしたらPCの購入は今回が最後なのかもしれない。今後も職場にはPCが必要だろうが、プライベートユースはタブレットで事足りるようになりつつある。タブレットは今のところはiPadだが、今後はどうなるかな~?

2012年4月 8日 (日)

高校同窓会

高校を卒業して25年、四半世紀ぶりに同窓会が開かれ、本当に久しぶりに母校を訪れました。

1333981524810.jpg母校の旧本館。朝の連ドラ「おひさま」でロケに使われ、最近では観光客もたくさん訪れるそうです。


クラスメートたちの顔を覚えているか不安で、卒業アルバムで予習。あとで聞いたところでは、旧友たちもみな同じことをしてこの日を指折り待っていたようです。

電車から見る風景は、当時とはすっかり変わっていました。駅を降りると、さっそく卒業式以来となる旧友たちと再会。天気が良かったので、学校まで歩きました。さすがに25年を経て、街も大きく変わってはいましたが、所々に懐かしい場所を発見し、大いに盛り上がりつつ学校に到着。

ここからは一気に時間が巻き戻りました。祝賀式は新しくなった体育館でしたが、嬉しかったのは、当時化学を教わった先生が校長先生になっていたこと。聞けば今年度で定年退職とのこと。逆算すると、今の我々より少し若い頃に教えてくれていたのですね。不思議な感じです。

卒業生360人のうち実に190人以上が集まったらしく、OB会会長からはお褒めの言葉をいただきました。幹事諸君の努力の賜物でしょう。でも、同時に開催されていた60周年同窓会にも結構な数の大先輩がたが集まっていたので、やはりTeenageの多感な時期を一緒に過ごした仲間同士は特別なのではないでしょうか。

続いて、場所を近くのホテルに移して祝賀会が催されました。みな食べるのも忘れてひたすら話し、時はあっという間にすぎてしまいました。海外からこのために帰国した友人もいて、結束力の強さを物語っていました。会って話してみると、実はみなあまり変わってなくて、25年という月日がまるで嘘のように、楽しく語り合った数時間でした。

遠方からの出席のため、2次会に出ることは叶わず会場を後にしましたが、とても清々しい気分になれた1日でした。

次に再会するのはいつのことだろう。楽しみです。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »