« 旭川 | トップページ | 高校同窓会 »

2012年3月31日 (土)

銀行手数料

アメリカから帰国後も維持しているBank of Americaの銀行口座。ドル建てのクレジットカードが使えるので、iTunes Store USAやAMAZON USAからのショッピングに重宝している。口座取引はWebで確認できる。毎月の月末にSequrity CheckpointのE-mailが送られてくるのだが、久々にじっくりと確認してみた。

すると、「Monthly maintenance fee $14.00」を徴収されていることに気付いた。

「あれ、口座維持手数料がかからないところがBank of Americaの利点だったのにおかしいな」

と思い、いろいろと調べてみる。月に一度、Saving AccountからChecking Accountへ自動的に$25が移されるAutomatic Transferを設定しておくことにより口座維持手数料が無料となるはずだったのだが。クレジットカードは、以前に1月の間何も取引がなかったら、$40以上の手数料を取られたことがあり、毎月何かしらの取引はするようにしており(何もないときはiTunesで1曲99セントを購入)、その点は今回も抜かりはない。どうも昨年8月から毎月$14.00の手数料が取られているようだ。

どうやら、Checking Accountに最低$1,500以上の預金残高がないと手数料が発生するように変更されたらしい。昨今の景気減退による銀行の業績悪化でいろいろと厳しくなっているため変更されたのかも知れない。変更の案内が届いていたのに気付かなかったのかも知れない。利息を期待してRegular Saving Accountに預金を集中させておいたのが裏目に出たようだ。不覚・・・。

早速預金の移動を行って調整した。これでしばらくは大丈夫だろう。しかし、残高がギリギリなので近いうちに海外送金により補充せねばならないかもしれない。

アメリカ在住時には、損をしないよう、案内の手紙等を目を皿のようにして読み、疑問があれば店へ出向いて聞き、納得がいかなければ友人に聞いていたのだが、日本に戻って気がゆるんでしまっていたようだ。

自分の身は自分で守る。

この鉄則を守っていないと、海外では損をするばかりであったのを、久々に思い出したエピソードであった。

« 旭川 | トップページ | 高校同窓会 »

マイアミ生活術」カテゴリの記事

コメント

Dr. Santaさん はじめまして。
恐れ入りますが、日本に帰国後もアメリカの銀行口座を維持していることについて、よろしければ教えていただけますか?
当方、現在アメリカにおりますがそう遠くないうちに帰国する予定のため、口座維持について調べています。BoAに口座はもっていませんが、もしDr. Santaさんが実際に問題なく維持されているということであれば、ぜひ開きたいと思っています。

・ Billing Addressを日本にしてしまうと、インターネットショッピングなどで使えない事があると書かれていますが、実際の所はいかがでしょうか?
・ 引っ越しにより日本国内で住所が変わる場合、銀行への住所変更登録は簡単に可能でしょうか?
・ キャッシュカード(デビットカード)が更新される場合など、問題なく日本に送られてくるものでしょうか?
・ もし日本から残高補充のためなどに送金したことがあれば、その際にどの程度費用がかかるものでしょうか?(送金側銀行の費用ではなく、受け取り側銀行の費用)

お忙しいところ恐れ入りますが、ご存じの範囲で教えていただけると幸いです。
失礼します。

あみーごさん、はじめまして。
知らない間に規則が変わって、口座維持手数料を取られたり、時々取引が停止されて電話をかけねばいけなくなったりはしていますが、今もBoAの口座は維持できています。口座はアメリカの住所で維持しています。従って、日本の住所で管理することに関しては、以前にBoAの行員から聞いた話に従って記したいと思います。
BoAでは、Billing addressを日本の住所にすることができ、緊急時の連絡や新しいカードの送付も日本の住所になるので、管理はあまり難しくないと思います。引っ越しの際の住所変更は、電話やwebsiteで可能です。
しかし、この場合はカードの使用に制限が出る場合があります。Amazonのように、国ごとにURLの異なるwebsiteを持つ場合は、例えBilling addressが日本になっているドル建てカードでも、問題なくAmazon USAでドルでshoppingできると思います。しかし、例えばiTuneでは、apple ID毎にどの国のwebsiteにアクセスできるかが規定されていますが、これを規定しているのは、カードが円建てかドル建てか、ではなく、Billing addressがどの国か、のようです。ホテルの予約サイトでも、Billing addressがアメリカ国内でないと使用できないことがあるようです。
指定したBilling addressに送付した書類や新しいカードを受け取る人がいないと口座が閉鎖されてしまうため、住所をアメリカとして管理するためには、信頼のおける友人等に頼まないといけないのが、面倒な点です。
日本から送金する場合は、口座側の手数料はたいしてかからなかったと思いますが、また確認してみます。
細かい点に関しては、BoAで確認してもらった方が良いと思いますが、少しはお役に立てたでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/54353743

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行手数料:

« 旭川 | トップページ | 高校同窓会 »