« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月27日 (金)

人間ドック

人間ドックを受けた。
職場検診は受けていたが、ドックは2年半ぶりだ。場所は以前赴任したことのある病院。徒歩5分行くと渓谷に至る田舎の病院だ。
自分の手技の参考になるように、胃内視鏡は無麻酔で受けているが、今回はかなり落ち着いて自分の胃を観察することができた。最近忙しくて晩酌が減ったせいか、とても健康的な胃であった。
前回は肺に陰影がありCTで不顕性の肺炎と診断され、年を感じてショックだったのだが、今回は問題なかった。
体脂肪率は20 %台でメタボはなし、筋肉量は20歳代並み。なのに肺機能による肺年齢は、実年齢より10歳以上高い 54歳ってどういうこと?タバコは吸っていないのに。水泳でもして肺を鍛えなきゃいけなさそうだng
昼食後は近くの温泉に入って久しぶりにのんびりし、午後にはその病院の当直業務についたのであった。

2012年1月 6日 (金)

スキー旅行

白馬にいます。本当に久しぶりに冬に休みが取れて、八方尾根スキー場に泊まりでやって来ました。

初日は残念ながら天気は大雪。昨シーズンから子供らと滑りたいと言っていた国際コースを滑ったものの、数本でgive up。早々に宿へチェックインしました。

今回の宿は椵木ホテル。オリンピックコースのすぐ近くにあり、長野オリンピックに合わせて新しくなり、当時のサマランチ会長も宿泊したと言うホテルです。

ロビーには大きなクリスマスツリーがあり、そこにいたバーテンダーはほとんど日本語を話せない人で、客も外国人ばかり。まるで外国に来ているかのようでした。

食事はBuffet(バイキング)。和洋中が揃っていて、子供らは大満足。ウチは、長女が和食好き、長男はアメリカンフード好き、次女は気の向いた時にしか食べないために外食にはいつも苦労するのですが、Buffetなら問題なし。我々もゆっくりと食事できました。しかもレストランはなかなかおしゃれな雰囲気。家族連れも多く、子供らが騒いでもあまり問題なし(例によって次女は気に入らないことがあって床に大の字で泣き叫んでました)。

二日目もあいにくの天気。五竜とおみスキー場飯森ゲレンデへ。朝方は除雪が追いつかずに開いてなかったコースも午後には滑れるようになり、一日目よりはマシでした。

三日目はようやく晴れ。せっかくの泊まりなので、小谷村まで足を運び、白馬コルチナ国際スキー場へ。コンディション抜群で、娘を連れて、白馬随一の壁、最高斜度42度の稗田山コースにもチャレンジしてきました。

今シーズンは幸先の良いスタート。このまま滑りまくれると良いのですが。

2012年1月 3日 (火)

北関東自動車道

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

半年ぶりに実家の茨城県へ帰ってきました。この時期の移動は渋滞が問題になりますが、これまでは首都高や外環道を通るルートを選択せざるを得ず、いつも辛い思いをしていました。今回は、北関東自動車道が関越道から常磐道へつながったので、使ってみました。長野道から藤岡ジャンクションで関越道下りに入り、高崎ジャンクションから北関東自動車道へ。途中、岩舟ジャンクションから栃木都賀ジャンクションまでは東北自動車道を北上する必要があるものの、後はひたすら東へ。友部からは常磐道上りを南下しました。

行きは1月2日、帰りは3日と、いつ大渋滞に巻き込まれても文句を言えないような日程でしたが、全く渋滞には出会わず、Door to Doorで4時間弱、しかも高速料金はこれまでの半額。便利になりました。

帰りは前橋にできたCostcoに寄って買い物。マイアミでもよく購入していた、New York Steak肉や油の乗ったサーモン、大瓶のアメリカワインを仕入れ、上機嫌で家に帰り着いたのでした。

これまでは年に一度帰るかどうかの親不孝ものでしたが、これならこれからはもっとお気軽に帰れるかも?

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »