« San Diegoからの帰国 | トップページ | 家のリフォーム »

2010年5月29日 (土)

iPad

iPadが発売になった。

Appleが最初にアナウンスした際には
「ただのネットブックだろ?」
と言う感想だったのだが、発表された動画を観、そして実物を触れてみて、世界を大きく変えうる存在だという認識に至った。

まずはその起動の早さ、である。私が未だにPDAとしてPalmを愛用するのは、その起動の早さ故だ。情報というものは瞬時に欲しいわけで、欲しいと思ってから端末を立ち上げるまで数分を要するようでは使い物にならない。iPadは、瞬時に立ち上がり、そして、膨大なネットの海に直接つながる。この意味はとてつもなく大きい、と思う。

だが、問題点がいくつかある。

まずは、インフラだ。特に日本では無線LANを接続するためのホットスポットが少なすぎる。アメリカではホットスポットがあちこちにあり、無料で接続できるものも多く、無線LAN搭載機は使いでがある。しかし、私の周りを見渡してみると、ホットスポットがあるのは駅かマクドナルドのみ、しかもいずれも有料だ。これではiPadは宝の持ち腐れである。
3Gで携帯回線に繋げる機種もあるが、キャリアは残念ながらソフトバンクのみになってしまった。我ら地方在住にはきつい。ドコモがSIMカードを発売する計画があったようだが、結局ソフトバンクがSIMロックをかけて販売することになった。ドコモは携帯型の無線LAN端末を発売するつもりらしいが、いっそのことSIMカードを発売してくれたら、SIMロックのかかっていない海外版iPadを使えるのにな~。

Appleの鎖国政策も相変わらずだ。USB端子もなければ、SDカードスロットもない。他のコンピューターからデータを移すのにいちいちLAN接続しなければならない。Camera Connection Kitを使用してUSBメモリーにアクセスできるようだが、アクセサリーを持ち歩く必要がある端末なんて魅力は半減である。

多くのAppleファンはAppleのとる鎖国政策+イメージ戦略に洗脳され、不便さにも不平を言わずに熱烈Apple教信者と化してしまっているが、以前Appleがその鎖国政策故にMicrosoftとのシェア争いに破れ、消滅寸前まで追いつめられたのを忘れてはならない。

日本で電子書籍がiTunesに一本化されていくのかも疑問が残るところだ。アマゾン・キンドルはiPadに対応するようだが、今後参入して来るであろうSONYが異なったプラットフォーム(PSP)のみ対応を唄ってくるのは間違いないところだろう。音楽でも起こってしまった「こっちでは聴ける(読める)けどあっちでは聴けない(読めない)」現象が再現される可能性が高い。古くはβvs VHSのビデオ戦争、レーザーディスクvs VHDの第1期ディスク戦争、新しいところでブルーレイvs HD-DVDの第2期ディスク戦争のように、消費者が割を食う縄張り争いが多すぎるように思う。

iPadが革新的で、情報の大航海時代を切り開く存在であることに異論はないし、私もぜひ手に入れたいと思っているが、Appleにはぜひとも鎖国政策は改めて、例え他のメーカーが発明したものでも良いものは取り入れていってもらいたいし、さまざまなソフト開発者が参加しやすい環境を整えて欲しいと思う。さもなければ極端な開国主義、自由主義のGoogleに席巻される日がやってくるように思えてならない。

ま、主役が変わったらそっちに移っていけばいいだけなのだが。コンピューター分野に関して、私はノン・ポリなので・・・。

« San Diegoからの帰国 | トップページ | 家のリフォーム »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/48491016

この記事へのトラックバック一覧です: iPad:

« San Diegoからの帰国 | トップページ | 家のリフォーム »