« 2010年4月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年5月29日 (土)

iPad

iPadが発売になった。

Appleが最初にアナウンスした際には
「ただのネットブックだろ?」
と言う感想だったのだが、発表された動画を観、そして実物を触れてみて、世界を大きく変えうる存在だという認識に至った。

まずはその起動の早さ、である。私が未だにPDAとしてPalmを愛用するのは、その起動の早さ故だ。情報というものは瞬時に欲しいわけで、欲しいと思ってから端末を立ち上げるまで数分を要するようでは使い物にならない。iPadは、瞬時に立ち上がり、そして、膨大なネットの海に直接つながる。この意味はとてつもなく大きい、と思う。

だが、問題点がいくつかある。

まずは、インフラだ。特に日本では無線LANを接続するためのホットスポットが少なすぎる。アメリカではホットスポットがあちこちにあり、無料で接続できるものも多く、無線LAN搭載機は使いでがある。しかし、私の周りを見渡してみると、ホットスポットがあるのは駅かマクドナルドのみ、しかもいずれも有料だ。これではiPadは宝の持ち腐れである。
3Gで携帯回線に繋げる機種もあるが、キャリアは残念ながらソフトバンクのみになってしまった。我ら地方在住にはきつい。ドコモがSIMカードを発売する計画があったようだが、結局ソフトバンクがSIMロックをかけて販売することになった。ドコモは携帯型の無線LAN端末を発売するつもりらしいが、いっそのことSIMカードを発売してくれたら、SIMロックのかかっていない海外版iPadを使えるのにな~。

Appleの鎖国政策も相変わらずだ。USB端子もなければ、SDカードスロットもない。他のコンピューターからデータを移すのにいちいちLAN接続しなければならない。Camera Connection Kitを使用してUSBメモリーにアクセスできるようだが、アクセサリーを持ち歩く必要がある端末なんて魅力は半減である。

多くのAppleファンはAppleのとる鎖国政策+イメージ戦略に洗脳され、不便さにも不平を言わずに熱烈Apple教信者と化してしまっているが、以前Appleがその鎖国政策故にMicrosoftとのシェア争いに破れ、消滅寸前まで追いつめられたのを忘れてはならない。

日本で電子書籍がiTunesに一本化されていくのかも疑問が残るところだ。アマゾン・キンドルはiPadに対応するようだが、今後参入して来るであろうSONYが異なったプラットフォーム(PSP)のみ対応を唄ってくるのは間違いないところだろう。音楽でも起こってしまった「こっちでは聴ける(読める)けどあっちでは聴けない(読めない)」現象が再現される可能性が高い。古くはβvs VHSのビデオ戦争、レーザーディスクvs VHDの第1期ディスク戦争、新しいところでブルーレイvs HD-DVDの第2期ディスク戦争のように、消費者が割を食う縄張り争いが多すぎるように思う。

iPadが革新的で、情報の大航海時代を切り開く存在であることに異論はないし、私もぜひ手に入れたいと思っているが、Appleにはぜひとも鎖国政策は改めて、例え他のメーカーが発明したものでも良いものは取り入れていってもらいたいし、さまざまなソフト開発者が参加しやすい環境を整えて欲しいと思う。さもなければ極端な開国主義、自由主義のGoogleに席巻される日がやってくるように思えてならない。

ま、主役が変わったらそっちに移っていけばいいだけなのだが。コンピューター分野に関して、私はノン・ポリなので・・・。

2010年5月 5日 (水)

San Diegoからの帰国

いよいよSan Diegoを離れ、日本へ帰国だ。

5泊の滞在であったが、とても楽しかった。Congressは刺激的で、いろいろな新しい情報を得られたし、旧交を温めることもできた。新たな出会いもあった。それにSan Diegoの街自体が素晴らしかった。青い空、乾いた空気、美しい海岸線、小高い山、市電の行き交うきれいな街。Downtownは大き過ぎず、歩いて回ることができし、かといって田舎過ぎず、ショッピングもそれなりに楽しめる。人々は明るく、homelessもいるが、夜ひとりで歩いても危険を感じることはない。

周辺にも様々な観光地があったようだが、今回行くことができたのは、メキシコ国境線、Coronado とLa Jollaのビーチくらいだった(サーフィン初体験できたけど)。パンダもいるらしいSan Diego Zooや歴史的建造物のあるBalboa Park、Little Italy、戦艦Midwayは行けなかったし、家族が一緒だったら、Sea WorldやLEGO Land、Dinner Cruiseなども楽しかったことだろう。またの機会を楽しみにしていよう。

食事はかなり恵まれていた。Convention CenterのDinnerはおいしかったし、街ではインド料理Royal India、タイ料理Rama、ステーキハウスGaslamp Strip Club - A Steak Placeを味わった。いずれもお勧めなレストランだった。

今は空港でこれを書いている。また忙しい日々に逆戻りだが、十分に充電できた旅であった。また来られるようにがんばろう。

2010年5月 4日 (火)

San Diego

Sandiegocoastside
San Diegoへやって来た。

美しい街だ。Los AngelesからAmerican Eagleが運行する中型ジェットで到着したのだが、窓から見える海岸線や小さな島々がマイアミを思い起こさせる。背の高い椰子の木が並び、まさに南国!だが、マイアミと違って空気がからっとしている。さすがに少し内陸に入れば砂漠が広がる地域だけある。

今回の旅行でこれまでと違うのは、日本で「地球の歩き方」を購入せずに計画したことだ。仕事に不便のないような場所にあるホテルや行き帰りの航空機チケット(特に今回はLAにストップオーバーしているし)の予約や、どの空港について、そこからどのようにDowntown入りするのか、すべてネットから情報収集した。特に役に立ったのがこのサイト。さすが観光都市だけあってしっかりしている。

到着したのが、国際空港の端っこにあるローカルな滑走路だったので、預け荷物のピックアップはスムーズ、すぐに問題なくcity busに乗ってdowntown入りした。海岸線を走るバスの窓からはヨットハーバーが見え、クルーズ船も停泊していて(マイアミでクルーズに行ったときに乗ったCarnival Cruiseの船も見える)、アメリカ人が住みたがる街なのがよく理解できる美しい風景が続く。突然その向こうに軍艦が表れた。San Diegoは海軍の街でもあり、港にはたくさんの軍艦が係留されている。

宿泊するホテルは”The Bristol Hotel”。値段の割にとても良いホテルなのでびっくりした。そう言えば海外出張でモーテルのような安ホテル以外に泊まったのなんてすごく久しぶりな気がする。部屋にいると落ち着くので、ゆっくりと次の日の仕事の計画を立てたり、このようにブログの原稿を書いたりもできて、やはりこういうところにはお金をかけるべきなのかも知れないなぁ。石ノ森章太郎の萬画「ホテル」でもそんなエピソードがあったっけ。
Bristolhotel

San Diegoでは基本仕事なので、昼間はスーツを着てCongress Center通いだ。そこでも街の様々な情報が手に入るので、合間に情報収集しては、夜においしいものを食べに行ったり、時間をみつけて観光したり、ショッピングをしている。
Conventioncenter

San Diegoを少し南へ行くとメキシコ国境だ。映画「バベル」やドラマ「HEROES」第2シーズンなど、様々な作品で舞台となっている、鉄条網が張り巡らされたアレだ。実際にこの目で見たくて出かけてきた。戻ってこられなくなるといやなので国境は越えなかったが(アメリカ人はよく歩いて国境を越えてメキシコに買い物に行くらしい)、近くに小高い丘があったので上ってみた。メキシコ国境にはびっしりと建物が建ち、観光客が訪れてにぎわっているのがよく分かる。
Mexico鉄条網の向こうに広がる街の真ん中にメキシコ国旗が見えるだろうか?

「HEROES」と言えば、こちらでは昨秋から第4シーズンの放送中だ。ネットで過去放映分を観られるかと思ってアクセスしたが、最近2ヶ月分しか観られないようになっていた。試しに第15話の最初を観てみたが、”previously, HEROES~”で始まる冒頭は期待に違わず複雑なストーリーが展開しており(しばらくどっかに行っていたアダムズがまた重要な役回りをしているようだゾ)、そろそろ佳境に入ってくるだろう内容を先に見てしまってもつまらないのでぐっと我慢した。日本でも早く放送して欲しい。

街の電機屋さんでは生(ナマ)iPadに遭遇。その場で触れて、世の中をひっくり返してしまいそうなその先進性にしびれた。欲しい!しかし、売れすぎてアメリカ以外の国での発売日が未だ決まらない状況なだけあって、その場に在庫はなし。残念!!!

いよいよ明日いっぱいでSan Diego滞在も終わりだ。この素晴らしく青い空と美しい街を味わい尽くすとしよう。明日の夜はHard Rock Hotelでパーティーが企画されており、今から楽しみだ。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年12月 »