« Hollywood!! | トップページ | San Diego »

2010年4月30日 (金)

ハリウッド博物館

ハリウッド通りは大したことない、との認識は改めなければならない・・・。

今日はサンディエゴへの移動日。空港へ出かけるまでの少ない時間を縫ってHollywood Museum(ハリウッド博物館)へ行ってきた。

ここは、実際に映画で使われた衣装や小道具を展示する博物館だが、予想を遙かに超える素晴らしい場所であった。アカデミー賞受賞作品を中心に展示されており、第1回アカデミー賞作品賞を受賞した”The Wing(邦題:つばさ)”の飛行帽とゴーグルまで展示されているとは恐れ入った。

地下には”Silence of Lams(羊たちの沈黙)”に登場するレクター博士の捕らえられていた独房のセットが再現されており、独房の壁にはレクター博士好みの猟奇的な絵が飾られている。美術デザインの素晴らしさが感じられる。映画の中では、暗いライティングのためもあってなかなか見えないところだが、こういった美術が映画の世界を支えているのだろう。独房の前にはFBIの新人捜査官クラリスが座ったパイプいすまで置かれている。

もともと映画のmaking等舞台裏を観るのは大好きなのだが、目の前に映画で使用された本物があるとなると、まさに血湧き肉躍る!この階には”Raiders of the Lost Ark(レイダース失われたアーク)”でインディ・ジョーンズ博士が使っていた革ジャケットとカウボーイハット、それに鞭が、その他の小道具と共に展示され、思わずニヤリ。”Frankenstein(フランケンシュタイン)”などの怪奇映画で有名なボリス・カーロフらのデスマスクも展示さていた。

1階はメーキャップに関する展示が中心で、2,3階は、実際に映画で使われた衣装や、スターがアカデミー授賞式などで着たドレスなどが飾られていた。ショー・ビズの世界を描いた私の大好きなミュージカル映画”Dream Girls(ドリームガールズ)”や”Moulin Rouge(ムーラン・ルージュ)”の衣装は華やかで美しい。ニコールキッドマンがオープニングで腰掛けて歌っていたブランコが展示されていた。”Rocky(ロッキー)”のボクシンググローブやローブも大迫力だ。しかし、なんと言っても素晴らしいのはマリリン・モンローに関する展示だ。映画で使われた衣装や表紙を飾った数多くの雑誌だけでなく、子ども時代の写真、それに大量の睡眠薬による服薬自殺(とされているが私はマフィアによる偽装殺人だったと信じている陰謀論者のひとり)の後に行われた死体検案書のコピーまである。圧巻は、21歳の時に車を手放したくないために50ドルでモデルになったとされるヌード写真だ。あまりにも美しく、この世のものとは信じられない。まさに美の女神ヴィーナスのようだ。

映画フリークにとってハリウッドはやはり聖地であった。このハリウッド博物館はいくら時間があっても足りないくらいの場所である。写真は厳禁、つまり門外不出の博物館だ。いつか再び訪れることを心に誓い、この地を後にしたのであった。

« Hollywood!! | トップページ | San Diego »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/48232420

この記事へのトラックバック一覧です: ハリウッド博物館:

« Hollywood!! | トップページ | San Diego »