« やっぱりリゾートゴルフ | トップページ | 最終日 »

2009年7月20日 (月)

サマーキャンプ

今日は月曜日。

子供らはサマーキャンプへ出かけていった。アメリカの夏休みは2ヶ月半以上と長く、しかも学年の切り替え時期なので宿題もなく、親にとっては悩ましい季節なのだが、ほとんどの児童はサマーキャンプと呼ばれる夏季限定のプログラムに参加する。パブリックスクールや大学が主催するものから民間のもの、教会が主催するものまで非常に多様なプログラムがある。高校生や大学生の夏のバイト先にもなっているようだ。内容は、スポーツをはじめ、プールやゲームなどの遊びが主で、博物館や動物園などに連れて行ってくれるものや、工作などをさせてくれるもの、やはてはLegoを教えてくれるものまである。今回は子供が以前に習っていたアートクラスのサマーキャンプに参加した。子供らの自由奔放な想像力を大いに伸ばしてくれる先生で、子供らもとっても楽しそうに通っている。

子供がキャンプに行っている間、親はフリータイムなので(チビはいるけど)、留学中にはなかなか楽しむことができなかったショッピングを楽しんでいる。マイアミは実にたくさんのショッピングモールがあり、高級ブランド店もたくさん入っているし、アウトレットもある。ちょうど夏のバーゲン時期と重なってかなりお買い得で、カミさんはかなりご機嫌だ。友人の奥様と嬉々としてあちこち回っている。私も今回の旅行で、ようやく南国の高級リゾートとしてのマイアミを感じることができたようだ。それにしても例の金融危機でアメリカ経済は傾いているはずなのにショッピングモールのこの賑わいは何だ。結局リッチな人々にとっては何ら変わりなしということなのだろうか?我々としては今回のドル安を大いに満喫しているのであるが。アメリカの物価を日本のと比べると、感覚的には1ドル=100円でちょうど釣り合うと思っているのだが、留学中は1ドル=120円前後、かなり割高感があった。現在は1ドル=90円台で結構割安感を感じる。帰国時の航空機の燃料費(サーチャージ)はべらぼうに高かったが、今回はほとんどゼロ。わずか1年の間に世界は激動している。

ショップの商品はこの時期秋冬物に替わりつつあり(マイアミにはほとんど必要ないと思うのだが)、夏物は20-50%オフ、その上いくら以上お買い上げでさらに50%オフなんてクーポンまで友人から手に入れて、普通の日本人観光客みたいにショッピングしている。ほとんど子供のものなのだが、こちらは日本に比べると子供の服などの種類が段違いに多い様に感じる。大量に作って、大量に売りさばき、売れ残ったものはびっくりするくらいのディスカウントでたたき売り。今回の経済危機でアメリカのこんな大量消費社会もついに変わるのではと思ったが、やっぱり同じなのかな?

それでも道行く車は小型車がぐんと増えたけどね~。

« やっぱりリゾートゴルフ | トップページ | 最終日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/46150714

この記事へのトラックバック一覧です: サマーキャンプ:

« やっぱりリゾートゴルフ | トップページ | 最終日 »