« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月23日 (火)

常夏の国からのお客様

年末(クリスマスホリデーですな)にマイアミでお世話になった家族が遠路はるばる遊びに来てくれた。長らくマイアミに滞在されており、子供らも雪をほとんど見たことがないらしく、日本の冬を満喫するためにこの時期に帰国したとのこと。

子供同士はとても仲良しなので、しばらく前から指折り数えてこの日を待っていた様子。すぐにマイアミの時と同じように遊び始めた。何せ子供らが3 X2家族=6 人もいるので、大変なことに。もちろん夕食も大騒ぎ。そう言えばマイアミでも周りで子供らが大騒ぎしている中、大人はビール片手に談笑していたっけ。刺身パーティーやバーベキュー、キャンプにユニバーサルスタジオにクルーズ。今思うとホントにレジャーしてたな~。このブログを読んでいた日本の友人らは私がレジャーしにマイアミへ行っていた、と思っていたようだが、まさにそうだったかも(笑)。それに引き替え今はあまり出かけないのでブログも閑古鳥が鳴いている(涙)。

続いておみやげに持ってきてくれた”WALLE”をみなで鑑賞。この映画は現在日本で公開中。アメリカでは半年前に公開され、最近DVDが発売された。今回ブルーレイディスクをおみやげに持ってきてくれた。DVDリージョンコードの問題があって、アメリカ製のものを日本のDVDプレーヤーで再生することができないが、ブルーレイはなぜかアメリカと日本が同じリージョンコードとなっており、再生が可能だ。もちろん日本語字幕や日本語吹き替えは収録されていないが、子供らには問題なし(うらやましい)。公開中の映画を家で観られるなんて、映画フリークの私としてはとってもうれしい。

翌日、私は仕事で参加できなかったものの、カミさんらは子供たちを連れ、雪を求めてスキー場へ。今年は12月に雪が少なくて、まだあまり雪国っぽくない。だいぶ北上してようやく雪景色となり、子供らは大きな雪だるまを作って堪能したらしい。

海外生活の長い方なので、ぜひとも日本を満喫していただこうと思い、夕食は近くの温泉宿へ。この宿、しばしば雑誌やTVで紹介されている有名どころなのだが、趣のある和風建築や郷土の材料を使った料理を満喫できる。個室をお願いしたので子供らが騒ぎ回っても周りに迷惑をかけずに済んだ。チビ2人はぐっすり眠っており、カミさんらもだいぶ喜んでいたようだ。私は仕事帰りで温泉に浸かる間がなかったのがチト心残り。

常夏の地から極寒の地へ、存分に満喫してもらえたならば嬉しいデス。

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »