« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月19日 (金)

Rice1
黄金の稲穂が風になびいて美しい。日本の秋である。
Rice2実ってます!!稲刈りの終わっていないところは台風の被害が心配

今週はもう一つの秋の風物詩、台風が日本列島を縦断中だ。マイアミでも今年は度々ハリケーンが接近しているようだ。私がマイアミにいた2年間は、ハリケーンもどきが1回直撃しただけで避難などはしなくて済んだが、今年はどうだろうか?マイアミの友人らから送られてくるメールはだいぶ緊迫感が漂っている。

私の住むところは四方を山に囲まれているので台風の影響は限定的なのだが、この台風の影響で、子供らの学校で今週末に予定されている運動会が開かれるか微妙となっている。中止になると平日に延期されてしまうので観戦できなくなってしまう。雨があがると良いのだが。

2008年9月13日 (土)

帰国後の生活

日本に帰国してから早1ヶ月が過ぎた。厳しかった暑さも和らぎ、朝方は少し寒さを覚えるほどだ。久しぶりに感じる四季である。

最初は少しとまどいも感じられたが、1ヶ月間ですでにほとんど違和感がないくらい日本の生活に馴染んでしまった。というより、マイアミでの生活が夢か幻のように思えてしまっている。なんだか少しもったいない。

しかし、家の中はなかなか片付かない。マイアミから送った引っ越し荷物のダンボールもいくつか転がったままだ。せっかく持って帰ってきたアメリカンなBBQコンロもまだ使っていない。アメリカで肉のかたまりを食べ続けたせいか、最近は子供らも魚大好きっ子と化している。

私は元々コレクター癖があって、何でもかんでもとっておいてモノを捨てられないので、いつもカミさんから苦言を呈されている。マイアミにいる間は、給料が少ない、日本のモノが手に入りにくい、それにアメリカのあまりの拝金&物質主義に辟易したことで(それからほとんどのエネルギーをレジャーに注ぎ込んでいたせいもある)コレクターから“できるだけ買わない”主義に宗旨替えした。この2年間はコレクションが(あまり)増えなかったわけで、久しぶりにわが家に戻ってみるとほこりをかぶった古いモノがわんさか。マイアミから持って帰ってきたモノを収納するスペースがないのもあり、この際捨てられるモノは捨ててできるだけシンプルにしようと言うことでこの1ヶ月間整理してはゴミ出しする毎日が続いている。

モノを増やさないためにはレンタルが一番と言うことで、図書館やレンタル屋を利用。田舎地方なので図書館はあまり大きくはないが、いくつかある図書館の横の連携がしっかりしていて、借りた本はどこで返してもいいし、近くの図書館にない本は取り寄せてくれるサービスもある。レンタル大手のTUTAYAでは、本(マンガ)のレンタルも始まっていてびっくり。でもレンタルDVDは寡占が進み、私が以前愛用していた、近所の小さなレンタル屋さんはつぶれてしまった。料金が安く、話題作もあまり貸し出しになっていなくて便利だったのになぁ。レンタル料金がマイアミと同じくらい(旧作でも500円くらい)に上がってしまってかなり残念。

それでもどうしてもコレクションしておきたいモノもある。そんな時も2年間もブランクがあると中古市場で手に入るから便利だ。中古屋さんの棚に並んでいる本やCDを新作を購入するような気持ちで買えるのだから、なかなかお得である。

帰国して不便だなぁと感じるのはスマートフォン(PDA付きの携帯電話)が使えなくなってしまったこと。携帯はauにしたのは前回書いたとおりだが、携帯メールやez webだけでは物足りない。PC用のwebsiteにも接続はできるのだが、閲覧はしにくいし、接続料金も高い。今考えると、Sprintのネット接続し放題で月16ドルのプランは驚きの安さだったよな~。現在の携帯はアドレス帳の移行に手間取っていて、電話機としても使いにくい状態が続いてしまっている。日本でも少しずつではあるがスマートフォンが増えてきているが、接続料金が高いし、PDAOSWindows Mobileだけなのも問題だ。iPhoneも思ったほどは売れていないようだし。

一番の問題は英語だ。帰国してからは日本語漬けで、せっかく少しは働くようになった英語脳が急速に萎縮していっているように思う。英会話教室に通ってネイティブと話したいのだが、ずるずると1ヶ月が経ってしまった。ひとまず耳だけでもと思い、子供らがマイアミで大好きだったのディズニーチャンネルとカートゥーンネットワークをスカパー!で契約。英語で鑑賞するようにした。クローズドキャプション(英語字幕)がないのがチト厳しいが、子供らの耳はまだ健在なようだ。私とカミさんはだいぶ怪しくなってきている。日本語字幕の付いた英語映画はイカンですな。耳は英語脳を使って、目は最近台頭してきている日本語脳を使ってしまうので頭の中が大混乱、見終わるとくたくたに疲れてしまう。やはりDVDで日本語字幕は消して、良く聞き取れないような作品では英語キャプションを表示させる方が良いようだ。

ひとまず、家の中を片付けてしまわねば!!

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »