« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月17日 (日)

マイアミジャングルからの帰還

日本に帰国した。

それにしても日本の夏は暑い。気温も湿度もマイアミの方が上のはずだが、体感上は日本の方が蒸し暑く、じりじりとした暑さを感じる。室内のクーラーの効きが違うせいかなぁ?
2年ぶりの日本で逆カルチャーショックを受けるのではないかと危惧されたが、今のところ杞憂に終わっている。仕事も子供らの学校もこれからなので、まだなんとも言えないが。
ひとまず帰国してからこれまでのことを書いておこうと思う。

成田空港に夕方に到着し、レンタカーで移動した。久しぶりぶりの右ハンドル、左車線に悪戦苦闘してしまった。ウィンカーを出そうとしてワイパーを動かしてしまうのはしょっちゅうで、曲がる際に反対車線に入らないように助手席のカミさんと大騒ぎで運転するはめになった。疲れた~。

日本に帰国したら食べたい!と思っていた回転寿司やラーメンを味わい感無量。夏野菜や果物もおいしい。やはり食事は食べ慣れたものに限る。日本食は世界一だ!

連絡手段確保のため携帯電話を購入。制度が変わって端末の値段が上がっており、カミさんと二人で購入せねばならぬ身としてはかなり辛い。月々の基本料金が安くなっているらしいが、通信速度アップに伴う値上げもあるのだろうが、
「高々電話にどうしてそんなに払わなきゃイカンの?」
と思うくらい高い。ところが最近落ち目のauにはまだ0円携帯があった!無条件にauに決定。理解できない通話料金体系も懇切丁寧に教えてくれ、
「お時間をおかけして申し訳ありません」
と何度も頭を下げられて、こちらの方が恐縮してしまう。やはり日本のサービスは世界一だ!でもとなりにはクレーマーと覚しきオッサンが。下手に出過ぎるからこういう輩が出てくるのでは?

インターネットはフレッツ光を引くことにした。時間がかかると聞いていたので、マイアミにいるうちに予約をしておいた。予約するための連絡先がフリーダイアルしかなく国際電話が繋がらなくて苦労したが、国際事業部担当の方が手助けしてくれた。NTTもサービスいいデス!

次は交通手段。ちょうど入れ換わりで海外へ行く方がいて、個人売買で車を譲ってもらうことに。アメリカの経験を活かして、と言いたいところだが、日本は法規が複雑で簡単にはいかず。スバルの中古車販売担当の方に骨を折っていただいた。

転入届のために市役所へ。アメリカからの転入の場合は前住所からの転出届がないため、戸籍謄本や附票が必要とのこと。記入する用紙も多いし、さすがお役所!と言ったところだが、手続きの補佐をしてくれる人がたくさんいて、懇切丁寧に教えてくれる。本当に日本のサービスは手取り足取りで、マイアミのサービスに慣れた身としては驚くばかり。

久しぶりに家に戻ってみると、狭い!天井が低い!やはりアメリカの住居は大きかったなぁと実感。でも、畳の上に寝ころんだり、湯船にゆっくり浸かったりする快感は何物にも代え難い。引っ越し荷物が届いた後は部屋中ものだらけになってしまい大変。ものを棄てないと荷物が収まりきらず、大量のゴミ発生。でも、このゴミの分別がまた大変。

食料を買いにスーパーへ。カートが小さい、ボトルやパックが小さい、肉が薄い(笑)。でも、この小さなカート、小回りがきいて買い物しやすい。

そんなわけで、まだバタバタしてます。

2008年8月 2日 (土)

最後のドライブ旅行

今ニューヨークにいる。

明日でアメリカともお別れだ。この2年間に他州を訪れたのはわずか1回だった。最後に他の州を見てみたかったのと、直通便で帰国したかったため、車でマイアミからニューヨークまで爆走してきた。

最初はレンタカーを考えたが、予算の面で断念した。他州でレンタカーの乗り捨てをしようとするとかなり費用がかさむ。それに加えて、マイアミでレンタカーを借りると保険料が高い。自分の車の保険があれば、レンタカーの運転に対しても保険が適用されるが、車を売却してしまうとフルに保険をかけねばならなくなる。

そこで、この2年間フロリダ州を走り回った愛車ホンダPILOTでマイアミからはるばるニューヨークまでやって来た。出発前に点検に持って行ったら(私はずっとJiffy Lubeでオイル交換と定期点検を行ってきたが、サービスが良く信頼できお勧めだ)、

「このタイヤはBadだね」

と言われ、交換する羽目に。途中バーストされてはたまらないので背に腹は代えられず。アメリカのハイウェイでは至る所で破裂したタイヤの破片が転がっている。かくいうウチのカミさんもあわや、と言う経験をしている。

おかげで途中は大きなトラブルもなく、快調に走ってくれた。途中の宿は特に定めず、行き当たりばったりでモーテルに飛び込んだ。州境を越えるとハイウェイ脇に各州のVisitor Centerが設置されていて、ここで手に入れた無料のホテルガイドを見て宿泊場所を選定した。このガイド、割引券が付いていて、当日飛び込みで行くと、部屋が空いていれば格安で宿泊できる。特に平日は2050%の割引率でかなりお得だ。夏休み中にも関わらずほとんど1件目で宿泊できたが、週末や大きな都市の近郊ではややみつけにくいようだ。ワシントンなどのビジネス都市では週末よりも平日の方が高い料金に設定されているのが面白い。平日は中小都市に、週末はビジネス都市に宿泊すればより経済的な旅行が可能だ。ガイドには他に朝食やインターネットの有無などの情報も載っているので、大変便利だった。
Hotelguide Visitor Centerで無料にて手に入るホテルガイド。割引券付きでお得だ!

心配していた事故などにも遭わずに無事ニューヨークに到着し、中古車ディーラーに愛車を売却した。この2年間、子供の送迎とレジャーに活躍してくれた愛車は実に45,000キロを走破した。大きな故障もなく、私も家族もお気に入りの1台であった。ガソリン価格の高騰を受けてここ数ヶ月で大きく値を下げてしまい(アメリカもついに小型車の時代に突入だ!)、最後はチト悲しかったが、これからもがんばってアメリカの大地を走り続けてほしい。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »