« 運転免許更新 | トップページ | 音信不通 »

2008年7月14日 (月)

ディズニークルーズ

昨年の旅行で味をしめ、今年もクルーズへ行って来た。

今回はカミさんのたっての希望で、バハマ行きデイズニークルーズだ。デイズニークルーズの特色は、デイズニーキャラクターが乗船しており、ショーやパーティーもデイズニーワールド仕込み、デイズニークルーズでしか行くことのできないデイズニーの島、キャスタウェイ・キイに上陸出来ること、子供用のプログラムが充実していることだ。欠点は、昨年行ったカーニバルクルーズに比べて割高なこと、出港地がポートカナベラルでマイアミから遠いことだ。

ミッキー・ネットから日本語で申し込むことが出来る。事前に送られてくるパンフレットの中にクルーズを紹介するDVDが入っていて、これがなかなか優れモノ、クルーズ気分が高まること間違いなしだ。特にクルーズ船建造にまつわるパートは必見だ。

出港予定は夕方だが、昼前から乗船できるようなので、船の中を出港前にみて周るつもりで朝から出かけて行った。

パートカナベラルに到着したのは11時頃。荷物をポーターに預けて車を駐車場に停め、乗船手続きを行なう。手荷物検査を受けたら、カウンターで出国手続きだ。ここでやはり我々のパスポートのビザが期限切れなのが問題となった。我々の取得しているJビザでは、私の職場で滞在許可を延長したDS-2019と言う書類を作成してもらえば、カリブ海の島を含む近隣諸国への短期間の出国に限りビザが自動的に更新される(automatic revalidation)。この制度を説明し事なきを得たが、これもトラブルを経てビザに詳しくなったおかげだ。乗船した後は、発行されたカード(部屋のキーにもなっている)と写真入りIDのみで各島に上陸出来る。Driver's Licenseを持ち歩けばパスポートを携帯する必要はなく、便利だ。

いよいよクルーズ船に乗船だ。ゲートにいるのはおじいちゃん、おばあちゃんたち。定年後の彼らが放つ優しい笑顔で、旅はのっけから癒されムードに突入だ!
Disneyentrance_2入口に入った途端別世界へ誘われる

乗船時には各家族の名前が呼ばれ、拍手で迎えられる。正面の階段にはアリエル(Little Mermeid)の象が彫られ、踊り場の壁にはミッキーマウスをはじめディズニーキャラクターの絵コンテが飾られている。まさに別世界へ入り込んだかのよう。
Disneyart_2
Disneyelevator_2エレベーターの表示もユーモアたっぷり

早速バッフェスタイルのランチを楽しむ。子供らはアイスクリームを好きなだけ食べられるので大喜びだ。

続いて、船内を案内してくれるツアーに参加。バーやクラブ(子供同伴で踊れるファミリータイプもあり)、カジノはもとより、カントリー風にデザインされたルート66(カーズの世界ですな)なるエリアもあって、遊び心満載だ。
Disneyroom_4部屋はこんな感じ

避難訓練を終えると甲板に上がって出港パーティーだ。もちろんディズニーキャラクターがステージに登場し、会場は興奮のるつぼと化す。

ディナーは、3つあるレストランを日替わりで楽しむ趣向。初日は″ポセイドン″でシーフード。ディズニークルーズのレストランは概して淡泊な味で、やや物足りなさを感じるが、子供らを連れてコース料理を楽しめるのだからうれしい。

食後はステージ、「ディズニー・クラシック」を楽しむ。さすがディズニーだけあってエンターテイメントなステージで楽しめた。

まさに隅から隅までエンターテイメントなクルーズ。楽しい旅になりそうだゾ!

« 運転免許更新 | トップページ | 音信不通 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/55776378

この記事へのトラックバック一覧です: ディズニークルーズ:

« 運転免許更新 | トップページ | 音信不通 »