« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

トロント

出張でカナダのトロントへやって来た。

Visaのトラブルがあったので(くわしくはこちら)一時はアメリカ出国がためらわれたが、書き換わったI-94で何のお咎めもなく出国することができた。マイアミ空港にて航空会社のカウンターでチェックインする際にパスポートの提示を求められ、短期滞在でアメリカへ戻る旨を確認された後、I-94をパスポートから取り外されて航空チケットに貼付された。出国ゲートでボディチェックを受け、飛行機に搭乗する際に、チケットと共にI-94がもぎ取られた。この後I-94は航空会社から移民局に提出され、出国記録としてコンピューターに登録されることになるらしい。後は帰国の際に新しいI-94でアメリカに入国することができればOKというわけだ。

トロントはマイアミに比べるとやはり涼しい。空港からの道すがら通りを眺めてみると、家々にはみな煙突がある。ここが寒い地である証拠だ。建物は英国風のものが多く、街はきれいで、落ち着いた雰囲気。通りを行く車は一般乗用車が多く、ベンツやBMW、ポルシェばかり走っているマイアミのバブリーな雰囲気に慣れてしまったせいか新鮮に見える。やはりマイアミは異常な世界だよな~。
Torontoview 煉瓦造りの家々が立ち並ぶトロント大学近郊

宿はトロント大学にほど近いベッド&ブレックファスト(英国版民宿)Sweetheart B & B。ここは日本人の方が経営されていて、電話をかけた時も、ドアをノックした時も日本語で返事が返ってきて逆に面食らってしまった。宿泊してみて分かったのだが、トロントには留学やワークホリデーでやってくる日本人がたくさんいるらしく、この宿にもそうした日本人の方々がたくさん宿泊されるとのこと。トロントには大きな中華街もあって中国系の人々も多く、街を歩いているとアジア系の顔がたくさんで、不思議な感じだ。トロントは実にたくさんの人種が入り乱れていて、1日歩いただけでもいかに多国籍な土地であるかが実感された。

2008年5月23日 (金)

旅情報

2年の予定でやって来た留学生活も残すところ2カ月あまりとなった。

そろそろ帰国の準備をしなければならない。ところが、折りからの燃料費高騰で、飛行機のチケットを取るのに一苦労。あちこちの旅行会社やwebsiteをチェックし、ようやくチケットを手に入れた。

そこで今回は、飛行機のチケットやホテルを予約するのに役立つ情報をまとめてみよう。

マイアミにはH.I.S.の支店があり、日本語で気軽に旅行の相談をすることができる。日本行きの航空機格安チケットも多く扱っている。

最近はwebsiteから飛行機やホテルの予約が簡単にできるようになり、とてもありがたい。私が主に利用するwebsiteは以下の通りだ。

1.Obitz
2.Expedia

3.Priceline

4.Best Hotel

5.AAA

1.Obitsはアメリカ大手のトラベルサイトで、飛行機やホテル、レンタカー、それにレジャーの予約までできてしまう。値段も他に比べて安く人気があるが、キャンセルに伴うトラブルも一番多いらしい。日本に住所登録されているクレジットカードが使用できないのが残念。

2.Expediaは日本語サイトもあり、日本からでも気軽に利用できる。もちろん日本のクレジットカードも使用可能。旅行代理店ではほとんど扱っていないような格安ホテルも予約できる。アメリカに来るまでは治安に対する不安もあって、宿泊するとなると中心部にある高いホテルになりがちであったが、こちらに来て慣れてきたせいか二つ星、三つ星モーテルで充分快適に宿泊できると思えるようになった。一つ星はさすがに汚いところが多くお勧めできないが、websiteのレビューを参考にすると二つ星や三つ星の格安で充分満足できるホテルが結構あるものだ。

3.Pricelineディズニーワールドやユニバーサルスタジオのあるオーランド周辺のホテルが豊富にラインナップされ、重宝した。

4.Best Hotelはホテルの設備が詳しく掲載されていて便利。日本語も選択できる。マイアミに来たばかりの頃、インターネット環境のよいホテルを探して渡り歩いていたときにとてもお世話になった。

5.AAA(アメリカ版JAF)の経営する旅行会社。Websiteで扱っているホテルはあまり多くないのだが、AAAの会員割引が使えるのが利点。また、特に車で旅行する場合には、websiteだけでなくぜひ店舗を訪れてみることをお勧めする。非常に丁寧に対応してくれて、AAAの会員であれば地図やホテルのガイドを無料で手に入れることができる。

アメリカのホテルは部屋単位の料金なので、家族連れにとってはとてもありがたい。いわゆるモーテルタイプのホテルは、車で部屋の前まで乗りつけることができ、荷物が多くても安心だ。中には冷蔵庫と電子レンジが備え付けの部屋もあり、大き目のクーラーボックスに食べ物と飲み物を詰めこんで週末に気軽に出かけられる。

このようなアメリカ生活を楽しめるのもあとわずか。仕事も追い込みとなって忙しくなってきたが、楽しいアメリカ生活も満喫していかねば!

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »