« 野外映画上映会 | トップページ | 二重国籍 »

2008年4月17日 (木)

救急医受診

子供が怪我をした。

階段で足を踏み外して角であごを打ち、歯で下唇を切ったらしい。先日も額を切って、ドラッグストアのCVS Pharmacyで傷を寄せるテープSteriStripを購入して治療し、直ったばかりだというのに。全く、この落ち着きのなさは誰に似たのだろう。下唇が2cmほどぱっくりと切れ、血をぼたぼたと流している。圧迫して止血し傷口を確認すると結構深い。今回ばかりはSteriStripだけでは無理そうだ。

子供のかかりつけ医は小児科なので、創傷には対応できないだろう。近所にあるER(救急救命室)を有する病院を傘下におさめる医療グループBaptist Health South Floridaに電話をして相談してみた。どこへ連れて行けばよいか尋ねると、Urgent Centerを紹介してくれた。Urgent Centerは外来で事足りる緊急疾患、例えば縫合が必要な小さい傷、単純な骨折、発熱、頭痛などを扱うところで、日本の1次救急に相当するらしい。予約なしで飛び込み受診でき、トリアージシステムを取り入れているところはERと同様だ。トリアージシステムとは、来院時の問診や簡単な診察で重症度を振り分け、治療の優先度を決めるものだ。

以前友人の付き添いで深夜にERを受診したことがあるが、軽傷者から重傷者まで患者さんがあふれていた。待ち時間が長く、結局診察にまるまる一晩を要した。特に公共病院のERは治安が悪い地域に置かれ(需要が高いからだ)、無保険の低所得者も集まってくるため慢性的な混雑で、待ち時間も長くなる。Urgent Centerならあちこちに設置されていて軽傷者のみなので、待ち時間も少なくて済むのではないだろうか。

午前11時から午後11時まで開いているとのことで、さっそく子供を連れて行く。受付で受診時間と名前を記入して問診票を受け取る。氏名や住所、保険の種類、簡単な病歴を記入して提出し、看護師さんの問診を受けた。

1時間ほど待合室で待った後、診察室へ。やはり縫合することになった。局所麻酔の後、5針縫合した。かなり丁寧にきっちりと縫合してもらえた。子供は何とか痛みに耐え、ほとんど泣かずに済んだようだ。これに懲りて少しはおとなしくなってくれると良いのだが。抗生剤などの内服薬はなし。2日後に再受診するよう指示され、診察終了となった。

それにしてもこのUrgent Center、緊急時にはとても便利だ。市内各所に様々な医療グループ系列のUrgent Centerがあるようなので、近所のUrgent Centerを事前に確認しておけば、緊急時に慌てずに済むことだろう。

« 野外映画上映会 | トップページ | 二重国籍 »

マイアミ生活術」カテゴリの記事

コメント

これは!とてもありがたい情報です。ERは恐ろしく待つと聞き、自宅で対応しきれず何か緊急で受診する際いい方法ないかな~と思っていたところです。早速調べてみます~。

あと私事ですが、お借りした過去問などを参考にさせていただき、無事運転免許取得できました。お礼もままならず、失礼しました。ほんとうにありがとうございます。

TAEさん、こんにちは。
運転免許証取得、おめでとうございます。時々ブログも拝見しています。
私も今までUrgent Centerの存在を全く知らなかったのですが、加入している保険のパンフレットにも記載があり、こちらでは一般的なもののようです。ERのような危ない雰囲気はなく、ずっと気楽に受診でき、待ち時間も少ないので、緊急時には役立ちますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/40913609

この記事へのトラックバック一覧です: 救急医受診:

« 野外映画上映会 | トップページ | 二重国籍 »