« 不法滞在の危機! | トップページ | 野外映画上映会 »

2008年3月31日 (月)

確定申告

2008年も早3カ月が経過した。確定申告の季節だ。

ここアメリカでは、全ての人々に確定申告の義務がある。源泉徴収と年末調整で済むサラリーマンの多い日本と異なる点だ。私たち医師、特に大学病院勤務では日本でも毎年青色申告が必要だった。週1回のパート出張や週末の当直出張など複数の病院で働き、給料を2カ所以上から受け取るためだ。

したがって申告には慣れているのだが、アメリカの確定申告もなかなか複雑だ。

そこで役に立ったのがこのwebsite。アメリカの税金の算出方法は基本的には単純だが、様々な減税があり、しかも年ごとにころころ変わるので理解が難しい。よく知らないと余計な税金を支払いかねない。会計士がはやる所以である。会計士に依頼するとその費用以上に減税され、依頼主も会計士も得をする。違反キップの時もそうだったが、お金が世の中をうまく巡るようにできているようだ。

私たち研究留学生も減税の恩恵を受けられる。渡米した年と翌年は免税されるのだ。だから確定申告は税金で支払ったお金を取り戻す作業なのだ。

免税の場合、職場で事前に手続きすれば源泉徴収を回避することもできる。後で税金を取り戻す手間がはぶけ楽だが、この場合でも確定申告は必要だ。免税資格の証明と所得の申告のみになるので、あまり手はかからない。具体的にはForm8843Form1040NR-EZInternal Revenue Service (IRS)のwebsiteからダウンロードして記入し、提出するだけで済んだ。

人に尋ねたり、websiteで調べて何とか書類を完成させ、郵便で税務署に送付した。郵送途中で書類が紛失したら大変なことなので、Certified Mail、いわゆる書き留め郵便で送った方が安心だ。郵便局へ行くと緑色の文字で印刷された小さな用紙があるので、宛先を記入して窓口に提示する。この用紙に記載されているTrack Numberを使ってwebsiteから郵便物を追跡できる仕組みになっていて、値段も安い。民間会社のFedExなどではさらに便利な追跡サービスがあるが、その分高価になっている(いわゆる宅配メールである)。

例え日本に帰国しても前年度の収入分を翌年には申告しなければならないので、作成した書類のコピーを残しておけば次回の参考になるだろう。ちなみに申告の締め切りは会計年度の期間によって異なるのだが、一般的には4月15日である。早めの準備が肝腎だ。

« 不法滞在の危機! | トップページ | 野外映画上映会 »

マイアミ生活術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/40001428

この記事へのトラックバック一覧です: 確定申告:

« 不法滞在の危機! | トップページ | 野外映画上映会 »