« 謹賀新年 | トップページ | スーパーチューズデー »

2008年1月26日 (土)

散髪

散髪に行って来た。

私が利用している床屋は、10人程度の理髪師がいて、”UNISEX(男女両用)だ。奥の席ではパーマをかけられるようになっているが、美容院というよりは床屋と言った方がぴったり来る雰囲気だ。とは言っても、この2つがどう違うのか私にはよく分からないのだが。動脈と静脈を表す赤青白のぐるぐる回る表示灯はない(以前ソウルでは見かけたことがあるな)が、アメリカであれが床屋を表すものなのかは知らない。

日本では学生の時から美容院で髪を切っていた。パーマをかけていたこともあるが、しばらく前から刈り上げ短髪一辺倒で、いつも同じ美容院のマスターに切ってもらっていたので、
「いつも通りで」
と言えば済んでいた。時々マスターが気を利かせて、
「暑くなってきたから今日は少し短めにしておいたよ」
とか、
「今回は前髪を少し変えてみたけど」
なんてアレンジしてくれてはいたが、基本的に同じ髪型で、細かく注文して髪を切ってもらった経験がなかった。

それだけにアメリカで始めて髪を切ってもらうときにはずいぶん緊張したのを覚えている。どのように注文すればいいか分からないし、英語の理髪用語なんてcut, long, shortくらいしか思い浮かばない。

いざ散髪が始まると案の定
「刈り上げは何番のバリカンだ?」(バリカンの番号って何だ?
「刈り上げはどの高さまでだ?
「襟足はsquareか?naturalか?」
「もみあげはstraightでいいのか?
「何インチ切るんだ?」
といろいろ質問してくる。こんな時に役に立ったのが写真だ。日本の美容院のマスターが、
「オレが切った髪型を四方からカメラで撮って写真を持って行くといいよ」
とアドバイスしてくれたのでその通りにしたのだ。写真を見ながら理髪師とここはこうだな、あそこはそうか、なんてやりとりをしながら何とか切り終わった。同じとは言えないが、何となくいつも通りにはなっていた。

その後も写真を持って行って切ってもらっているが、行くたびに切ってくれる人が違うので(特定の人にお願いできるのかは未だに知らない)、その度写真がとても役に立っている。

日本の美容院のマスターはすべてハサミで刈り上げてくれるハサミ裁きの上手な人だったが、こちらではみなバリカンを大胆に使っている。バリカンに番号のついたアタッチメントを付けて長さを調整し、自由自在に操って刈り上げてくれる。もみあげと襟足をカミソリで剃ってくれるがシャンプーはなく、お代は13ドル。いつもおつりの2ドルをチップに渡している。

子供らの散髪は日本にいたときから私が行っているが、こちらへ来てからはバリカンを使って息子の髪を切っている。見よう見まねでやってみるが、なかなか難しい。

カミさんは私のように簡単にはいかないらしい。やはり細かい注文が難しいので、日本人の美容師さんにお願いしているようだ。この方、技術を磨きにアメリカに渡られたそうだが、家に出張して髪を切ってくれるらしく、友達と一緒にお願いして切ってもらっているとのこと。やはり女性は男のようにいい加減では済まないのだろう。

« 謹賀新年 | トップページ | スーパーチューズデー »

マイアミ生活術」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
浅間温泉の高橋(父)です。

お元気そうで何よりです。

以前新婚旅行でバリ島に行った時に、小さな床屋さんで髪を刈ってもらったら、最初から最後までバリカンだけで仕上げてくれました。

ほんとに日本のハサミを神業のように使って切るのとは違い、ビックリしますよね。

ただ、「どんな髪型にしたいんだ?」と髪型の写真の一覧を見せられて、「これ。」と選んだのをは天と地ほどの差がある出来上がりでしたが・・・

これはモデルの差か?
確かにモデルはイケメンでしたが・・・

またアメリカの楽しい話題を楽しみにしてます。

大阪商人さん、お久しぶりです。
生活の中にある日米のちょっとした違いって興味深いですよね。日米の“飲み”の違いについても記事にしたいところですが、あまり夜に出歩く機会がなく、ネタを仕入れられずにいます。
他にも何かリクエストがあったら教えて下さい。

はじめまして、今月からマイアミで生活を始めたKalafと申します。散髪、現在の最大懸案事項です。そこで、日本人の美容師の方を紹介してくださいませんか?初めてのコンタクトで恐縮ですが、このままだとジャクソン・ファイブの頃のマイケルのようになってしまいます。

Kalafさん、はじめまして。
ようこそマイアミへ。ブログを読ませていただいて、マイアミへ来たばかりの頃を思い出しました。
日本人美容師さんの連絡先、現在問い合わせ中です。近いうちにお伝えできると思いますので、少々お待ち下さい。

ご返信、ありがとうございます。今日は鳥の巣だ、とメキシコ人の同僚に言われました・・・。

Kalafさん、こんにちは。
日本人美容師さんの連絡先が分かりました。個人宅でカットしているようなので(出張もしてくれます)、ここに連絡先を記すのは問題がありそうです。コメントを入れてくださる際にメルアドを記入していただければ(ブログには表示されません)メールしたいと思いますが、いかがでしょう?

ごめんなさい、返信を差し上げたと思っておりました。

実は、どうにも我慢できず、先日Coconut Groveにカットに行ったのですが、大きな期待をせずに良かったです・・・。

Kalafさん、こんにちは。
そうですか。カットの注文はうまく伝わりましたか?
生活のセットアップも着々と進んでいるようですね。またの訪問をお待ちしています。

カットの結果、往年の石原裕次郎のようです。センスの問題でもあるのでしょうけれども、カットの技術そのものが違うように感じました。

次回は日本人の方にカットしていただきたいので、ご連絡先を教えてくださいませんか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/17858028

この記事へのトラックバック一覧です: 散髪:

« 謹賀新年 | トップページ | スーパーチューズデー »