« 友人が遊びに来た4 | トップページ | キャンプ »

2007年12月22日 (土)

クリスマス

今年も残すところあとわずか。

日本の師走というと慌ただしいというイメージと、年末の厳かな雰囲気が思い起こされるが、ここアメリカでは華やかな雰囲気が支配的だ。サンクス・ギビングを過ぎた頃から街行く人々は心なしか浮かれ始め、店も家々もライトアップされて華やかとなる。

マイアミのクリスマスツリーではLe Jeune RdMiracle Mileの交差点、Coral Gablesの一角にあるものが有名だ。
Christmastree
Christmastree2 Miracle Mileの起点に鎮座する巨大ツリー。街行く人々の目を楽しませている

各家々も様々なデコレーションがなされ、目を楽しませてくれる。中でも極めつけなのが家の近所にあるClot House。個人の邸宅なのだが、大豪邸で、隅々までライトアップされてまるで光の遊園地のよう。週末のみ一般公開されていて、マスコミでも紹介され、多くの観光客が訪れている。
Clothouse1
Clothouse2
Clothouse3 邸内の木々や建物、車までライトアップ。人形や電車も配置されて、アミューズメントパークのよう

今年も冬の遊園地Santa's Enchanted Forestがマイアミへやって来ている。昨年は何回か出かけたのだが、今年は仕事が忙しくまだ訪れていないのが残念だ。子供らはシーズンパスを手に入れて楽しんでいる。
Santasforest1
Santasforest2_2 遊園地はまさに光の洪水。週末ともなると大勢の人でごった返す

今年は我が家でもクリスマスツリーを飾ってみた。アメリカでは飾り付けも様々なものが売られていて、カミさんや娘は少しずつ買ってきたり作ったりしては飾って楽しんでいる。
Christmastree3 大きなツリーを飾れるのもアメリカならでは

先日ようやくクリスマスカードを作ってほぼ配り終えたところだ。日本の年賀状より少し時期が早いが、年末年始のあいさつと言った意味合いが似ているのが面白い。

職場は昨日が一応の仕事納め。仲間や上司・部下の間でクリスマスプレゼントがやりとりされた。昨年は職場に入ったばかりだったのでプレゼントを受け取ることはなかったのだが、今年はいくつかいただいた。どうやら日本のお歳暮のような意味合いもあるようだ。そんなことも知らず、プレゼントを用意していなかった私は同じ境遇の同僚ともども少し気まずい思いを。郷に入れば郷に従うべきであったが、どうやら情報収集が不足していたようだ。反省。ちなみにアメリカ人から頂いたプレゼントはワインやチョコレート。すてきなラッピングがなされていた。

« 友人が遊びに来た4 | トップページ | キャンプ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/17450067

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス:

« 友人が遊びに来た4 | トップページ | キャンプ »