« コロラドへ1 | トップページ | 謹賀新年 »

2007年12月31日 (月)

カウントダウン

本場のカウントダウンを体験してきた。

日本では、大晦日の夜には紅白を観て、除夜の鐘の音を聞きながら年を越すというのが定番であったが(病院でと言うこともままあったが)、アメリカの大晦日は厳かさとは無縁のお祭りだ。本場のカウントダウンを体験しに、ディズニーワールド、マジックキングダムへ出かけてきた。

目的はカウントダウンなので、昼過ぎに到着するように出かけたが、駐車場のゲートには「入場制限中」の表示が。案の定、今の時間帯は入場できないから別のテーマパークへ行ってくれと無料駐車場券を渡された。帰るお客さんの数によっては夕方に入場できるようになるだろうとのことだった。となりのエプコットでもカウントダウンは行われるが、せっかくだからマジックキングダムで体験したい。それなら駐車場で夕方まで待たせてくれ、と頼んでみたができないとの返事。とその時、ゲートにいた職員の一人が、カミさんが握りしめていた年間パスポート(年パス)に気付いてくれた。私を除く家族3人は年パスを所有している。

「あなた年パスを持っているの? それなら話は別よ。スペシャルサービスで入れてあげるわ」

年パスにこのような効能があるとは思わなかった。気付いてくれた職員に感謝、だ。

モノレールに乗り換えて無事入場。だがそこは、人、人、人、まさにイモ洗い状態であった。入場制限もうなずける。アトラクションはどこも長蛇の列なので、息子お勧めの「フィルハーマジック」を観た後は並ぶのをあきらめた。でも、パレードやショーがたくさんあったので、それらを観て回るだけで十分楽しめた。

今回は長丁場になるので、ビーチ用のシートや食料を持ち込んで万全の体制を敷いた。パレードやショーの1時間くらい前に場所取りをして座って待ち、体力を温存した。アメリカは土足文化だが、やはりシートが敷いてあるとどかどか入ってきたりはしない。同じようにシートや子供用のカートで場所取りをしている人がたくさんいた。と言うより、そうしていないとまともに観ることができないような有様であった。

ところが、シートに座ってパレードを待っていると、無情の雨が降り始めた。カッパを持参したので雨はしのげたが、タオル地のシートはびしょびしょ。とても座っていられる状態ではなくなってしまった。

それでもがんばってシンデレラ城の前でショーを鑑賞する。ステージにシンデレラが登場し、シンデレラ城のライトが点灯された。雪のようにデザインされた美しい照明がシンデレラ城を彩る。ライトの色が時間と共に変化していくという懲り様だ。
Cinderellacastle1 息を呑むような美しい照明に彩られたシンデレラ城

歩き疲れたので、夜のパレード1回目をあきらめてレストラン(ファストフード)で夕食を摂った。みなパレードを観に行っているのでさして並ばずに夕食を買えた。しばらくゆっくりしようと考えたのだが、パレード終了と共に人々がどっと押し寄せ、周囲で席が空くのをじっと待たれるような状況となってしまい、やむなく再び外へ。

雨は降ったり止んだりだが、折良く花火が上がり始めたので鑑賞する。アメリカの花火は、芸術的に組み合わされた日本のスターマインとは異なり、音楽のタイミングに合わせて緩急を付けて打ち上げられる。かなりの数が打ち上げられ、圧巻だ。しかしこの花火は前座に過ぎなかった。

再びシンデレラ城の前に移動しショーを鑑賞。ショーの終了と共に人々が移動し、ステージ正面に移動できた。この一角は通路と仕切られ、人々が座り込んでカウントダウンに向けて場所取りをしていた。雨も上がったようで、びしょびしょのシートの上にカッパを広げて座り、カウントダウンを待つことにした。

時刻は夜9時を回ったところ。子供らは寝息を立て始めた。背後では2回目の夜のパレードが通り過ぎて行く。

後で知ったことだが、夜10時くらいからはシンデレラ城前の広場への通行が禁止されたようだ。ファンタジーランドやトゥモローランドからシンデレラ城前に入れなくなってしまったのだ。人が多すぎて通行の妨げになるのが原因らしい。早めに場所取りをしていて正解だったわけだ。レストランで恨めしそうな顔をして我々を居辛くさせてくれたおばさん、ありがとう。おかげでいい場所でカウントダウンを迎えられました。

11時を過ぎたくらいから周囲は徐々に昂揚し始め、騒がしくなってきた。子供らも何とか目を覚ましたようだ。11時半から最後のショーが始まると気分は一気に最高潮に達し、今年も残すところ10分ほどとなったところで花火が上がり始めた。シンデレラ城のバックとその反対側2カ所からおびただしい数の花火が音楽に乗せて打ち上がる。途中からは煙で花火がほとんど見えなくなるくらい続けざまに打ち上がった。花火の大音響と人々の熱狂でこの広い空間がまるでライブハウスになったかのようだ。
Show2 最後のショーとともに気分は最高潮へ!

突然花火が止み、時計の音が聞こえてきた。今年も残すところ数十秒。ミッキーのカウントダウンが始まった。

「テン、ナイン、エイト・・・」

カウントダウンと共に数字の花火が打ち上がる。これには子供らも大喜び。

「スリー、トゥー、ワン・・・ゼロー!!

Happy New Year!!の声をかき消すように大轟音がとどろき始めた。マジックキングダム全体をぐるっと取り囲むように360度全周から花火が打ち上がり始めたのだ!光もすごいが音がものすごい。周囲からドン!と言う音と共に襲ってくる衝撃波が心地よい。人々はまさにお祭り騒ぎ!!

やがて花火が一段落すると、ステージにパフォーマーが登場。ダンスミュージックが始まり、踊り始めた。今度はマジックキングダム全体がディスコ(う~む、80’sの表現だな)と化した!どうやら2時まで続くらしい。

目的を果たした我々は踊り狂う人々を横目に帰途についた。元旦は寝正月を決め込むことにしよう。

« コロラドへ1 | トップページ | 謹賀新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/17678974

この記事へのトラックバック一覧です: カウントダウン:

« コロラドへ1 | トップページ | 謹賀新年 »