« 【Treo700p】HotSyncトラブル発生! | トップページ | 祝!1万ヒット突破!! »

2007年8月31日 (金)

アメリカ交通事情

アメリカの道路では車はご存じの通り右側通行で、日本からやってくると最初は大いに戸惑う。かくいう私も2~3回左車線を逆走したことがある。幸い大事には至らなかったが。

アメリカの交通法規(および交通事情)は日本のそれと多くの点で似通っている。しかし細かいところはそれなりに違いがあって、日本の方が便利と思うこともあれば、アメリカの方が合理的と感じる面もある。

まずは右折だ。これは日本では左折に相当するが、アメリカでは多くの場合赤信号でも右折できる。十字路で赤信号に出くわしても左側から車が来ていなければ右折して良いことになっている。これはなかなか合理的ですっかりなじんでしまった。日本に帰ったら赤信号で左折してしまいそうで怖い。ただ"No Turn on Red"の表示があるときは赤信号の間は止まっていなければならない。他に"横断歩道を渡る通行人がいるときだけNo Turn on Red"なんてちょっとややこしい表示がなされている交差点もある。
Noturnonred "No Turn on Red"の表示がある場合は赤信号時は右折不可
Noturnonred2 こちらは通行人がいなければ赤信号でも右折可

ちょっと悩んだのが右矢印の赤信号の場合だ。これは右折車は赤信号の意味だから"No Turn on Red"と同意だと思っていたのだが、赤信号でも右折している車をよく見かけるし、止まっていると後ろの車からビービー鳴らされることもあった。"No Turn on Red"と書かれている場合とそうでない場合があるので、どうやら通常の赤信号と同様、安全確認して右折可らしい。しかし片側複車線の道路で右側2車線が右折専用の場合右から2番目の車線から赤信号で右折できるのかどうかは難しい。交通法規では"一番右側の車線は赤信号でも右折できる"と書いてあるので、右から2番目の車線はダメだと思うのだが、先日パトカーが赤信号で2番目の車線から右折しているのを目撃し、悩んでいる。でもこちらの警察は交通法規を守らないからなぁ。制限速度以上でぶっ飛ばすし(もちろんサイレンなし)、ウィンカーを出さずに車線変更するし、信号が黄色から赤になりそうでも交差点に突っ込んでくる。要するに事故を起こさなければ良いと言うことか?
Rightturnsignal 果たして右から2つめの車線でも赤信号で右折できるのか?

次は左折だ。これは日本では右折に相当する。大きな交差点ではなかなか左折できないので、左折専用の信号が矢印で示されるのは日本と同じだ。しかし、直進が先に青になり、これが赤になるときに左矢印青信号が出る日本とは異なり、交差する道路の信号が赤に変わるとまず左折専用信号機が左矢印青信号となる。続いて左矢印黄信号となり、消える(通常青信号になる、または左矢印赤信号になる)と同時に直進青信号が点る仕組みになっている。左折青信号が突然やってくるので赤信号の内から身構えていなければならないし、スタートダッシュに出遅れるとすぐに後ろからクラクションの嵐が襲ってくる。これは日本の方が良いような気がするぞ。
Leftturnsignal_2 直進よりも先に左折信号(矢印)が青となる(写真をクリックすると拡大します)

複車線ある道路では道路中央に左折レーンが設置されていて、どちらの車線からでも、また、どの位置でも左折する場合にこの中央レーンに進入することができる。広い道路ならではの便利スペースだ。この中央レーンは駐車場などから左折して広い道路に出るときにも有用だ。このような場合、左右から来る車が同時に途切れるタイミングを計るのが至難の業だが、まず左方向から来る車が途切れたところで左折してこの中央レーンに入り一時停止、右方向からの車(一時停止した車から見ると右後方から来る車)が途切れたところで右車線に合流すれば良いのだ。この中央レーンはとても便利。でも、日本の狭い道路事情では導入は難しいだろうなぁ。
Centrallane どちらの車線からも使用できる左折用中央レーン。これは便利!

交差点での一時停止もだいぶ異なる。日本では主幹道路に合流する道に一時停止表示があり、交通量の多い主幹道路に入るのがなかなか大変だが、アメリカでは4 way stopあるいはAll way stopと言って信号のない交差点に進入するすべての道路に一時停止表示がある場合が多い。このような交差点では、交差点で一時停止した順に進むことができる。順番を守らずに先に行ってもいけないし、自分の順番なのに他の車に先を譲ろうとしてもいけない。アメリカらしい合理的な考えだ。日本でも東京の首都高速など混雑に慣れている地域では、合流に際し交互に進むという暗黙のルールがあるが、アメリカではこれが法制化されているわけだ。
4waystop 4 way stopの標識

4 way stopの代わりにぐるぐるロータリー(正式名称が分かりません)が設置されている交差点もある。このロータリー、時計と反対方向に回る、と言う決まりがあり、ロータリーに入ったら徐行して自分の行きたい方向の道路を曲がるようになっている。左折するには3/4周しなければならない。
Gurugurucrossload これは小さなぐるぐるロータリー。大きなものでは5,6本の道路が交差し、ロータリーも2,3車線ある。

こうやって並べてみるといろいろと相違点があるものだ。まだまだあるので、そのうち第2弾をリポートするつもり。

« 【Treo700p】HotSyncトラブル発生! | トップページ | 祝!1万ヒット突破!! »

マイアミ生活術」カテゴリの記事

コメント

こんなに丁寧にありがとうございます。

お仕事お忙しい中、お手間をおかけしました。
日本でもペーパードライバーな私は、
何回か読み直してから、ライセンス取得
に向けたいと思います。

ほんとうにありがとうございます
第2弾楽しみにしています

こんにちは、TAEさん。喜んでいただき光栄です。
マイアミの生活が1年になり、最初は戸惑っていた日米の相違にもすっかり慣れていたようです。今回いろいろと思い出しながら書いてみると、次から次へと出てくるので我ながらびっくりしています。
そのうちライセンス取得についても書きますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/16252756

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ交通事情:

« 【Treo700p】HotSyncトラブル発生! | トップページ | 祝!1万ヒット突破!! »