« 引っ越し | トップページ | 【Treo700p】HotSyncトラブル発生! »

2007年8月21日 (火)

住所変更

引っ越しをしたらあちこちに住所変更を届け出ないとならない。

ざっと挙げてみると、

1.郵便局(UPS)
2.銀行
3.電気会社 (FPL=Florida Power & Light)
4.電話会社 (Bellsouth、最近at&tと合併した。インターネット含む)
5.携帯電話会社
6.ケーブルテレビ会社
7.職場
8.子供の学校
9.運転免許証
10.健康保険
11.車両保険
12.カード会社

こんなところであろうか。

これらのうち2.5.7.10.12.はwebsiteから、3.4.6.は電話で変更できた。電話は昨年敷設の際にさんざん苦労したのでかなり身構えていたのだが、あっさりと変更でき、しかも引っ越したその日に電話線をモジュラージャックに差し込んだだけでつながった。インターネットもモデムをつないだらあっさり開通。しかも数日後には接続キットの新しいものまで(無料で)送られてきた。Bellsouthやればできるじゃん!一度捕まえた顧客を他社に横取りされないために引っ越しには力を入れているに違いないと邪推してしまった。何せこれまで幾度となく応対の遅さに苦労させられているのだ。

1.は郵便局へ行くと、日本と同じように住所変更用のはがきが用意されていて、これに記入して投函するだけ。一定期間は旧住所から新住所へ転送してもらえるし、転送開始日も指定できる。ただ、手続きに1週間ほどかかるようなので早めに申し込んだほうが良い。

9.運転免許証もwebsiteに住所変更サービスがあるのだが、VISAで入国している外国人は身元確認のためにDriver License Officeへ出向かなければならない(予約はこちらから)。ちょうど運転免許の更新時期と重なったので一緒に手続きを行った。

11.車両保険も更新時期と重なったので、保険料の支払いと併せて郵便で住所変更した。

ちょっと厄介だったのは8.子供の学校だ。今回引っ越しによって通学区が変わってしまったからだ。せっかく前の学校に慣れたところで、転校させるのも忍びなかったため、越境通学の申請を行った。これがなかなか手間だったのだが、友人の助けもあって無事終了。

ID(身分証明書)としても使用される運転免許証やカードは住所が一致していないとトラブルになることがあるので注意が必要だ。10.健康保険や11.車両保険も同様。いざ受け取る段になって住所が違う、と支払いを拒否されては目も当てられない。

銀行から発行されるチェックには左上に住所がプリントされている。新住所になったらこれも新しくしないといけないのだろうが、チェックを作るのは別料金だ。デビットカードが発達してきた昨今ではチェックを使用する機会はあまりなく、口座を開いたときに無料で作ってくれたチェックが大量に余っている。そのまま使用していて今のところ問題ないが、このままで良いのかな?

« 引っ越し | トップページ | 【Treo700p】HotSyncトラブル発生! »

マイアミ生活術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/16188830

この記事へのトラックバック一覧です: 住所変更:

« 引っ越し | トップページ | 【Treo700p】HotSyncトラブル発生! »