« 夏時間 | トップページ | 英会話スクール »

2007年3月20日 (火)

続・違反キップ-裁判所篇

違反キップのその後について報告しようと思う。

"不適切な追い越し″をして(ただのレーンチェンジのつもりだったんだけどなぁ)ポリスにキップを切られたのが1月24日。罰金$133.50と3点の点数加算(アメリカでは日本と異なり違反点数が加算されていく)を科された。

Citation これが切られたキップ。

このキップに対してとり得る手段は3通り。
①罰金を払い、加点されたまま運転を続ける。
②ドライビングスクールで4時間の講義を受けて加点を取り消してもらい、罰金を払う。
③裁判所に異議申し立てをする。

①は最も簡単だが、違反点数が加算されるとセイフドライバーではなくなり、様々な特典が受けられなくなる。例えば次回の違反では加点の取り消しをするのが困難になるし、3ヶ月以内に何らかの違反をすると即免許停止になってしまう。こちらは一時停止や黄色信号での交差点進入、当下校時のスクールゾーンでの速度制限(15マイル/時)など、微妙な判定でもポリスが違反していると判断すればすぐに切符を切られてしまい、その場でいくら言い訳しても通用しない(逮捕されるとよけいややこしくなるし)。ましてや加点が存在すれば危険ドライバーと見なされてしまって釈明の仕様もなくなってしまう。

②は日本人としては最も受け入れやすい選択肢だ。しかし講義にはさらに受講料が必要で、多少罰金は安くなるものの合計$150以上の出費を余儀なくされてしまう。

30日以内にいずれかを選択しないと罰金に延滞料が加わるので、周りの人にいろいろと聞いてみた。すると、違反切符に詳しい人がいた!

彼女は友人の娘(大学生)で、これまでに何度か違反をしていてこの道のエキスパート(!)とのこと。彼女に意見を求めると、

「裁判所に申し立てをして点数を取り消してもらい、罰金を値切るのよ」

そ、そんなことできるの?
友人は、

「日本人だから間違えて左側を走っちゃったって言えばいいよ」

なんて言っているし、かなり不安だったが、ひとまず申し立てしてみることにした。

違反がコンピューターに登録(裁判所のwebsiteから確認できる)されるまで15日かかった。2月中旬に裁判所に電話をして異議申し立てする旨を伝えると、Pretrial(申し立てを裁判官が聞く)の日程が手紙で送られてきた。この日程は裁判所が決定し、変更ができない。この手紙と前後して様々な弁護士事務所からお手紙が舞い込んできた。曰く、

Lawyerad 「あなたは無罪だ!」
「安い弁護料で点数も消せる!違反金も大幅減額!」

弁護料がそんな安いわけないだろ!と思いつつアメリカ人の商魂に恐れ入った。裁判所から個人データが漏れているのだろうな、きっと。

そわそわしているうちに当日を迎えた。指定の時間に裁判所に現れないと免許停止になってしまうので、エキスパートの彼女にも同行してもらい遅れないように向かう。裁判官の心象を損ねないようしっかりネクタイも締めた。昼の時間帯だったのだが、空は急に暗くなり、季節はずれの激しいシャワー(通り雨)が降ってきた。なにやら不吉な予感が・・・。

裁判所の入り口では空港並みのボディーチェックに合う。X線をくぐり、いよいよ法廷へ。刑事裁判ではないので陪審員はおらず小さめではあるが、法廷ドラマで観るそのままの場所で、裁判官は壇上に座っていた。

到着したとき、法廷には警察官と弁護士が立ち、なにやら裁判官と話していた。それが終わるといよいよPretrialが始まった。私の前にすでに2人が待っていたのだが、まず一人目が法廷に立ち裁判官に名前を聞かれた。デスクトップコンピューターで記録を確認した裁判官はおもむろに、

「裁判に持ち込みたい?それとも罰金$73.50に減額、点数はなしで示談にする?」

法廷に立った人は面食らったようだが、

「その金額は裁判料込みですか?」

と確認すると、即支払う意思を表明した。2人目も私も

「あなたも同じね。どうする?」

「も、もちろん払います!!」

いとも簡単に目的が達せられてしまった。ちなみに裁判料は$30.00。裁判所に出頭しただけで罰金が3分の1以下の$43.50に減額され、違反点数も取り消してもらえた。断っておくが、エキスパートによるといつもはこんなに簡単ではないらしい。どのような違反をしたか(自分が悪くなかったかのように)述べ、自分がいかに普段安全運転であるか説明し、提示された罰金の額を値切っていってなんとか$70くらいにしてもらうそうだ。

今回は同じ時間帯に名前が並んでいた人が30人以上いたし、お昼時で裁判官も早く終わらせたかったのだろう。始まる前に

「この時間帯は何人いるのかしら?早く済ませてランチに行きたいわ。」

なんて言いながらデスクトップを操作していたし。とにもかくにも私にとってはラッキーだった。

会計の窓口に行くと60日以内に罰金を支払うようにとのこと。その場で支払いを済ませ(カードで払えた)、晴れて自由の身になった!!ちゃんと判決文ももらった。
Judgment

こうして裁判所初体験を終えた。もう2度と来ないことを祈りつつ・・・。

« 夏時間 | トップページ | 英会話スクール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

無事解決して良かったですね。罰則金も約半額になったし、何よりも違反点数が加算されずに済んだ事が今後の事を考えると何よりでしたね。それに、良くも悪くもこの経験が大きな糧?になるのでは無いでしょうか・・?
私は、点数こそ加算されなかったものの、100ドル支払ってしまった事、非常に悔しいです・・。

ある外科医の妻さん、こんにちは。
無事終わってほっとしました。裁判所の中を見ることもできましたし。裁判所には同じような境遇で来ている人たちがたくさんいて、これでは裁判官も大変だろうと思いました。日本ではほとんどの人が裁判所とは無縁に生活していると思いますが、同行してくれたエキスパートによると、アメリカでは裁判所に行ったことがない人は珍しいそうです。発言しなければ何も始まらないこの国の特徴がよく出ていると思います。
この経験が役に立つ日が来ないことを願っていますが・・・。

初めての書き込みです。お元気ですか。
すごい体験をしましたね〜。
それくらいのことでも裁判にしちゃうところが、やっぱりアメリカですね。さすが訴訟社会!日本なら払っちゃいますよね…。

Nishioさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。家族全員元気にしています。
そうですよね、日本でならすぐ払っちゃいますねぇ~。こちらは沈黙はOKを意味してしまうので、文句があるときは言わなければダメなようです。言っても後腐れは残らないらしいですが、日本人としては後々を気にしてしまいますよね。
今回はうまくいったので笑い話になりましたが(苦笑)。

ひさしぶり!得がたい体験をされているようで。。もう完全にアメリカ人ですね。そちらへ行って話を聞きたいなあ、と思いつつ、この4月もなんやかんやで休みが取れず、フロリダ行はお預け、です。

yukkeさん、こんにちは。
異国で暮らしていると予想だにしないことが次々に起こります。驚いてばかりいても始まらないので楽しむようにしていますが、今回ばかりはだいぶ緊張しました(汗)。
休みをとってぜひ遊びに来て下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/14324784

この記事へのトラックバック一覧です: 続・違反キップ-裁判所篇:

» 免許証の住所変更、東京都だとどうなりますか? [免許証の住所変更、東京都だとどうなりますか?]
免許証の住所変更、東京都だとどうなりますか? [続きを読む]

« 夏時間 | トップページ | 英会話スクール »