« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

豚の丸焼

Pig 豚の丸焼!!!
レチョン・アサド (Lechon Asado) と呼ばれるキューバ料理で、クリスマスなど特別な時に作るそうだ(プエルトリコやコロンビアにもあるらしい)。

Oven Pigface
先日子供がクラスメートの誕生日会に招待された。アパートの裏庭で開かれ、御両親とおじいちゃんが手料理を作ってくれた。庭の隅に大きなダッチオーブンのようなものがあり、つきっきりで炭を管理していた。中から登場したのは大きな豚!切り分けてくれた肉を食すと脂がのってとてもジューシーだ。これを豆御飯やユカ芋(これがまたニンニクがきいていてとてもうまい)と混ぜて食べるのがキューバ風との事。
Cubanfood

これまでにも"La Carreta"などのレストランでキューバ料理を食べたことはあったが、こんなに繊細な味ではなかった。やはり外食産業では味を濃くしてやや大味になってしまうのだろう。キューバ家庭料理の旨さを思い知った1日であった。

病みつきになりそうだ。

2007年2月20日 (火)

英会話上達への道

アメリカへ来て半年が経過した。しかし英会話はあまり上達していない。英語まみれの生活になれば自ずとうまくなるだろうと考えていたが、そんなに甘くなかったようだ。

確かにリスニングは多少進歩が見られるが、北部の人々が話す抑揚のない早口英語やスパニッシュが話すスパングリッシュなどの訛りが強い英語はなかなか聞き取れない。私のジャパングリッシュもだいぶ聞き取りにくいようなので偉そうなことは言えないが。

リスニングにも増して問題なのがスピーキングだ。これは余程努力して語彙を増やさないと上達しないことがよく分かった。耳が良ければ人の言い回しをまねることができるのだろうが、英語耳を持たない私には到底無理なようだ。

そこで英会話スクールに通うことにした。ここアメリカでは英語を母国語としない人々のための授業ESL(English as a Second Language)を受けられる学校が至る所にある。フロリダに在住していれば州内のどこの学校でもほぼ無料で受講できる。websiteから通勤途上にある学校を探しメールしてみるとまずコンサルタントと話をするよう返事が来た。学校へ出かけ、簡単な面接を受けた後、クラス分けのためのテストを予約した。このテストは3時間に渡りリスニングとリーディングをチェックするもので、日本人は読み書きができるために実力以上の点数が出て、難しいクラスに入ってしまうこともあるらしい。

テストを受けるのは久しぶりで、集中力が続かないがなんとか無事終了。その日のうちにクラスを受講することになった。夜の部を選択した。月曜から木曜の週4日間、仕事の後に通うことになる。仕事が終わらない日もあるだろうし、疲れて行けない日もあるだろうが、なにせタダ同然なので無理せずやっていこうと思う。

流暢な英語を操れるようにがんばるぞ!

2007年2月19日 (月)

車凍結

マイアミは常夏の地だ。冬と言えど暖かい日にはビーチで泳いでいる人もいるくらいだ。ところがここ数日とても寒い。今朝はなんと車の窓が凍っていた。同僚に聞いても今まで見たことないとの事。夜間に放射冷却で温度が下がったようだ。今朝はすっきり晴れ渡った冬空であった。

日本ならばこの時期には0℃の暖かさを感じていたものだが、すっかりマイアミ仕様になってしまったらしく寒くてしかたない。衣服も寝具も夏物なので当然と言えば当然なのだが…。

2007年2月15日 (木)

アメリカ照明事情

アメリカの照明事情について書いてみようと思う。

ここでは主に間接照明が使われていて、蛍光灯による1灯照明をよく用いる日本とは大きく異なっている。ともかく暗い。日本の部屋に必ずと言っていいほど備わっている天井の電気器具コネクタはダイニングとキッチンに一つずつあるだけだ。ベッドルームは卓上スタンドのみでまかなっているが、夜になると光に集まる虫たちの如く群がっている次第である。
Lump_1 ダイニングにある羽根付きの照明。結構気に入っている。

アメリカ人によると、中世ヨーロッパで使われていたろうそくがそのまま照明に置きかわっただけなのだそうだ。だから青白い蛍光灯よりも色温度が低く暖色系の白熱灯が好まれる。

日本も江戸時代までは行燈による間接照明であったし、明治時代はガス灯だった。しかし電気の時代になって裸電球による直接照明が拡がり、戦後蛍光灯に置きかわっていった。家の中から闇が消え、それに連れて妖怪も忘れ去られていったなんて話も聞いたことがある。

でも最近はホームシアターが普及してきて照明の重要性が再認識されているようだ。日本でもさまざまな間接照明が売られるようになってきたが、アメリカでは実に多様な照明器具を目にすることができる。マイアミにもたくさんの照明専門店があり、WalMartなどの安売店でもかなりのスペースの照明器具売り場がある。天井を照らすもの、スポットライト、5色のもの、観葉植物を飾れるものなどなど。食卓を照らすろうそくもたくさんの種類がある。

雰囲気があっていいのだが、読書するには暗い。鳥目ド近眼の私にはちょっと辛いのである。

2007年2月14日 (水)

車登録の更新

先日は私の誕生日だった。この年ではさほど感慨はないが、やはり家族に祝ってもらうと嬉しい。ひらがなより先にアルファベットを覚えた息子は、姉に教えてもらいながら現在特訓中のひらがなでバースデーカードを書いてくれた(”とうさん”が”ととさん”になっていたが・・・)。

さて、誕生日が来たらしなければならないのが、車税の支払いだ。アメリカでは車の登録を誕生日毎に更新するようになっている。TAG Plateに更新月のステッカーが貼られていて、すぐに確認できる。期限が切れていると警官に注意される。忘れていた、と言えば済んでしまうらしいが、駐車場で放置自動車と勘違いされてレッカー移動されることがあるので更新月までに行なった方が良い。
Tagsticker

手続きは簡単、TAG Agencyに出かけて税金を払うだけだ(TAG agencyの住所はこちら)。普通自動車税$33.10+申請料$2.50(居住地域により異なる)を支払う。この際注意しなければならないのは、支払いにクレジットカードが使えないので、現金を用意しなければならないことだ。その場で新しいステッカーを交付してくれるので、自分でTAG Plateに貼り付ければ終了。

これで1年間は安泰だ。前の年に(ちゃんと)所得税を支払っていると更新の案内が郵送されてくるので、その案内を持参すればさらに簡単だ。ちなみにwebsiteからの申請もできるが、この場合は早めの登録が必要だ。

2007年2月 9日 (金)

Stone Crab

Stonecrab
先日ラボ仲間の送別会でSouth Miami Beachの有名店Joe's Stone Crabへ行ってきた。

Stone Crabはマイアミ近海で採れるカニで、マイアミ名産のひとつだ。

平日だからとタカをくくって予約なしで訪れたら1時間待ちとのこと。通りでWaiting Barが大きいはずだ。週末は相当混雑するのだろう。

だいぶ空腹だったので困っていると、職場のお偉方が登場。たまたま店で食事していたようだ。彼が案内係にちょっと話しただけで、多くの人々を差しおいて席に通してもらえてしまい、びっくり。

これがアメリカか!

それにしても職場のお偉いさんの力をまざまざと見せつけられた。

カニには4段階のグレードがあり(写真参照)、ハサミが大きい程美味しい。食べ比べてみると確かに最高級のものは味が濃厚で美味であった。ハサミ以外は食べられないらしく、多少物足りなさを感じたが、店の雰囲気もいいし、サービスもなかなかだった。たまには贅沢しないと本物のアメリカを感じられないかも。

それにカミさんも連れて来ないとイカンなぁ。

2007年2月 4日 (日)

スーパーボウル

いよいよスーパーボウル、なのだが朝からあいにくの雨模様。マイアミには珍しくしとしと降り続いている。

年1回のお祭り、アメリカンフットボールの最高峰ゲームであるスーパーボウルが、今年はマイアミで開催されている。全米からファンが続々マイアミに集まってきており、ホテル宿泊費は数倍に高騰(先週マイアミ入りした日本からのビジネスマンは週末は滞在しないと誓約書を書かされたらしい)、チケットのないファンもスタジアム周辺に集まり、マイアミビーチには巨大スクリーンが出現、スポーツバーは大盛況らしい。

といっても、これらはTVのニュースで得られる情報だ。スタジアム周辺は交通規制され大混雑するので外出せず家にいた方がよい、と知人から助言され、TV観戦に徹するつもりでいたのだ。

ところが、早朝から緊急の仕事が入り、職場へ赴くことになった。職場はスタジアムの近くなので、おそるおそる向かったのだが、むしろいつもより空いていた。幸い交通規制にも引っかからず、昼過ぎには帰宅できた。アパートの駐車場はいっぱいだ。どうやら多くの人々はTVにかじりついているらしい。

また、フロリダでは先週から19歳以下のチームによる国際試合グローバル・ジュニア・チャンピオンシップが開催されていた。日本チームも参加していて、リーグ戦で2位に入り、昨日コートローダデールで3位決定戦が行われた。職場の人々と一緒に応援に行ってきた。残念ながらメキシコに逆転負けしてしまったが、迫力あるいい試合だった。Nflu19_1

先ほどスタジアム前で行われたホットドッグの早食い競争では、日本人が54本の世界記録で優勝したようだ。あと1時間あまりでスーパーボウルの始まりだ。TVの前にかじりついているとしよう。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »