« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

誕生日パーティー

子供のクラスメートの誕生日パーティーに参加した。

こちらの誕生日パーティーにはさまざまな形式がある。ケータリングサービスを利用して公園で催されるものやボーリング場などの娯楽施設で開かれるものなど。

今回は自宅で催された手作りパーティーだった。両親が手料理を振舞い、子供らは隣接する公園で大騒ぎ。しばらくしてダンスが始まった。例によってサルサだ。スパニッシュの子らは喜んで踊んでいたが、ウチの子は

「男は踊らないんだ。」

と言って壁の華と化している。確かに男の子らはみな壁に張りついたままだった。

でも、公園で遊んでいるのを見ていたら、言葉もほとんど通じないのにいろいろな子と楽しそうに遊んでいた。時々むちゃくちゃな言葉を話して(発音は英語っぽい)、それなりに意思の疎通ができているようだ。

こちらへ来てまだ3ヶ月足らず。子供の適応力の高さに驚くとともに、頼もしさを感じたパーティーであった。

2007年1月25日 (木)

ケネディ宇宙センター

Rocket
ケネディ宇宙センターへ行ってきた。

フロリダ半島東岸中程ケープカナベラルにあるNASAの施設だ。スペースシャトルやロケットの打ち上げを行っている場所で、施設の一部を公開しており、宇宙開発に関連した展示やアトラクションを楽しめるようになっている。

昨年9月のスペースシャトルアトランテイス打ち上げは、少し南のココアビーチから見学したのだが、感動的だった。今回はシャトルをみることはできなかったが(打ち上げの前にはセンターで生シャトルを見られることがあるらしい)、ロケットの展示やミッションについてのアトラクションが迫力満点で、とても楽しめた。特に月面着陸のアトラクションは感涙ものだった。その建物内にあったショップ名は「Right Stuff」。アメリカ初の有人宇宙飛行計画、マーキュリー計画をテストパイロットの視点で描く、私の大好きな映画タイトルと同じだ。

さすがに現在進行中のミッションである宇宙ステーションと火星探査については物足りないものがあったが、最新データを一般公開するわけにはいかないだろうから致し方のないところであろう。

今夏にはシャトル打ち上げのアトラクションが加わるそうで、今から楽しみだ。

規模も大きく、とても1日では回りきれなかった。どうやらリピーターになりそうだ。お勧めである。

2007年1月24日 (水)

違反キップ

今朝通勤途中で交通違反キップを切られてしまった。
交差点手前で左折レーンに入る際、渋滞の列の後ろからレーン変更したのがいけなかったらしい。前2台の車共々、道路脇に寄せられ免許証の提示を命じられた。
「なぜ止められたか分かるか?」と南部訛で尋ねられ、こんな時はアメリカ人のように自分の非を認めない方がいいのだろうか、でも警察には逆らわない方がいいとも聞くし、などと思いながらシドロモドロで答えた。そうこうしているうちに免許証をカードリーダーに読み込ませ、書類が完成。画面にサインしろと言う。手書きで書類をつくる日本よりずっと簡単にキップを切れるな、と妙に関心しながら見てみると罰金$133.50の文字が。
これは痛い!
しかも違反点数がつかないようにするには講習を受けねばならない。
ちなみに罪状は″不適切な追い越し″。朝からブルーな一日だった。

2007年1月19日 (金)

フルアクセス

本日ようやく私のID(身分証明)カードが正常に機能するようになった。これで晴れてデスクや研究室に行ける。
フルアクセス機能を得るまで何度IDオフィスへ通ったことか。
カードを作った時にはアクセス情報をコンピュータ−に入力してくれていなかった。入力してくれたはいいが、カード番号が違っていた。さらにカードには磁気データが記録されていなかった。
オフィスの担当者は私が指摘するまでこれらの原因を特定できなかった。
マイアミのペースに慣れたつもりだったが、まだまだ甘かったらしい。

2007年1月17日 (水)

デビットカード

 アメリカに住んでいると現金をほとんど持ち歩くかなくて済む。

 クレジットカードについては以前に書いたが、スーパーのレジでとても便利なのがデビッドカードだ。このカード、簡単に言えばATMカードのことなのだが、レジにある端末に読み込ませてdigit PIN(暗証番号)を入力するだけで支払いが済んでしまう。日本でもはやりの電子決済だ。

 その上お釣りの形で現金を引き出すことまでできてしまう。これをキャッシュバックと言い、端末上で操作するだけだ。スーパーにはたいていATMの端末も設置されているが、提携銀行のATMカードでなければ手数料がかかってしまう。キャッシュバックは手数料なしなので、小銭を引き出す分にはこれで充分だ。

 昨年のハリケーンの際には、食料の確保に殺到した客がキャッシュバックで現金も引き出そうとするので現金が足りなくなり、一人いくらまで、と金額を制限していた。

 以前紹介した日本で作ることのできるドル建てATMカード、CitiBank外貨キャッシュカードはデビットカードとしても使用可能である。スーパーでのキャッシュバックもできる。アメリカ留学だけでなく、旅行にも便利かもしれない。

2007年1月13日 (土)

【Palm】メール設定

今回は、スマートフォンTreo700pのメール設定をまとめておこうと思う。

スプリント版Treo700pには3種類のメーラーがプレインストールされているが、インターネットプロバイダーで取得したPOPメールアドレスを扱うのに便利なのが、VersaMailだ。このソフト、Treo内のあらゆるファイルを添付してメールできる優れものなのだが、残念ながら日本語メールの送受信に対応していない。環境によって日本語をやりとりできたり、日本語で書いたMemoを添付するという裏技を使えば送信はできるそうだが、実用性に劣る。

 スマートフォン環境なので、ネットへの接続は携帯会社スプリントPCSのネットワークサービス、Sprint Power Visionを使用する。このサービス、安価な定額制が用意されていて、他社に比べて使いやすい。接続設定はPrefsを起動し、「Network」項目にUser NamePasswordを入力するだけだ。

 次はメーラーの設定だ。VersaMailを起動し、「Account Setup」からメールアドレス、パスワード、受信サーバー(Incoming)、送信サーバー(Outgoing)の設定する。受信サーバーは受信メールが届くポスト、送信サーバーは送信メールを出すポストだ。いずれもメールアドレスを提供するプロバイダーが所有・管理するポスト(コンピューターサーバー)で、固有のアドレスを有する。サーバーにはいろいろと種類がある。例えばニフティでは受信サーバーはPOP、送信サーバーはSMTPで、もちろんVersaMailもこれらに対応している。最近はセキュリティの問題から送信サーバーに送信する際にもパスワードを要求するものが増えており(SMTP認証)、詳細設定(Advanced)から設定する。VersaMailはマルチアドレス対応なので、複数のメールアドレスを登録して送受信することができる。

プロバイダーによっては、他社のネットワークを介すると送信サーバーに接続できないことがある。例えばBellsouthだ。このようなときには受信サーバーはBellsouthに設定し、送信サーバーはスプリントPCSのものに変更しなければならない。当然メール受信の時のパスワードと送信の時のSMTP認証パスワードが異なることになるので、注意が必要だ。

スプリントPCSの送信サーバー設定にはとても苦労した。SMTP認証がなかなかうまくいかなかった。TreoWebsiteにあるトラブルシュートではスプリントPCSのメールパスワードはSprint Power Visionと同一かのごとく記載されているが、これは誤りだ。メールパスワードはスプリントPCSWebsite上で別のページから設定する必要がある。

日本語メールをやりとりするために、日本語対応のメーラーを併せて導入した。フリーウェアも数多くあるが、マルチアドレス対応やSMTP認証対応は有償のものがほとんどだ。そんな中、PaPi Mail Jはどちらも可能なフリーウェアで、お勧めである。メール受信の際、まずリストを取得し、必要なもののみ選択して全文をダウンロードするようになっている。手間だが、迷惑メールに対するセキュリティの面からもこの方がよいかもしれない。惜しむらくは画像等の添付ができないことだ。

他にMessagingを使ってやりとりするSMS(Short Message Service)、いわゆる携帯メールを利用でき、日本語メールも可能で写真やビデオも送れるのだが、別課金であり、さらに私の環境ではMessaging上でPOBoxFEPによる変換がうまくいかないため、ほとんど使用していない。

メールのやりとりがいつでもどこでも可能になり、とても便利になった。

2007年1月12日 (金)

モブログ初投稿

ここしばらくTreo700pのメール設定に悪戦苦闘していた。フリーウェアのメーラー、PaPi Mail Jの導入により、ようやく日本語メールをやりとりできるようになった。画像の添付ができないが、こうしてテキストだけでもモブログできるようになったのは喜ばしい。これで少しは更新が早くなるかな?

2007年1月 9日 (火)

身分復活

 今朝は身分不詳のまま職場へ。早速担当事務のところへ行くが、当然のごとく書類はまだできていない。その場で作成してもらってID(身分証明書)オフィスへ出向く。前回のIDはどうした、とモメかけたが、昨日返却したIDを受け取った人が隣にいて事なきを得る。その場で新しいIDを発行してもらえた。

 身分復活!

 エレベーターやドアのアクセスが有効になるまで3~4時間かかるとのことが、果たして今日の内に使えるようになるかどうか???

2007年1月 8日 (月)

身分不詳

 年が明けてすでに1週間経つのだが、常夏のマイアミではなかなか実感が沸かない。

 でも新年早々こちらのゆっくりペースに悩まされている。

 11月の一時帰国からマイアミへ戻った後、所属部署を変わって別のことを学び始めたのだが、正式に移れたのが12月中旬。クリスマスホリデーで事務手続きができないというので、ようやく本日新しいID(身分証明書)を手に入れるためオフィスへ行って来た。ところが書類が足りないから明日また来いと言う。そればかりか今使用しているIDは無効だから、と取り上げられてしまった。IDは職場のエレベーターやドアのアクセスキーにもなっていて、これがないと自分のデスクにすら行けないのに。

 こうして私は仕事に戻るのにエレベーターの前で知り合いが通るのをうろうろしながら待つはめになってしまった。その後も別の場所に移動しては戻れなくなったりとさんざんだ。

 明日は本当にIDが手に入るのだろうか?

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »