« 両替 | トップページ | 学校の宿題 »

2006年12月 8日 (金)

車を買う~個人売買~

 アメリカは車社会だ。電車やバスなどの交通網が発達している都市部では車がなくても不自由しないこともあるが、ここマイアミでは車は必需品である。

 アメリカでは中古車市場はつねに活況を呈していて、日本に比べ価値も値段も高い。日本では10万km以上走行した車は二束三文で買いたたかれるが、ここでは立派な値段が付く。バンパーがはずれかかっているような車でも個人売買で取引され、ちゃんと走っている(おそらく法律ではちゃんと修理して走らなければいけないのだろうが)。

 また、リッチな人はバケーションの間に新車を購入し、家に戻るときに売るので、日本で新古車と呼ばれるような年式の車もたくさん売っている。日本では中古車になると売買価格が極端に下がるが、アメリカでは特に人気車種などはあまり値下がりしないため、投資するお金さえあれば、新車を購入してすぐに売ってもランニングコストはそうかからない場合もあるのだ。

 しかしリッチでない我々はそういうわけにも行かないので、留学のような中期の滞在では中古車を選択することが多い。リースという手もあり、この場合最新モデルに乗ることができる利点があるが、計算してみると中古車を買って日本に戻るときに売った方がランニングコストは安いようだ。

 中古車の購入には大きく分けて2通りの方法がある。ディーラーや中古車専門店から購入する方法と個人売買だ。日本と異なり、車の個人売買は普通に行われていて、手続きも簡便だ。

 私は最初の車を個人売買で購入した。私がマイアミに来た1ヶ月後に日本に帰国する方がいたので、使用していた車を譲ってもらったのだ。アメリカにはBlue Bookと呼ばれる、車の適正価格を示した表 (Websiteから検索可能) がある。車種、年式、装備、車の状態、走行距離から、Trade-In Value、Retail Valueが算出される。Trade-In Valueは我々が業者に車を売るときの値段で、Retail Valueは業者から車を買うときの値段だ。個人売買価格はこの2つの価格の間に設定される。つまり、個人売買をすると売り手、買い手双方が業者と取引するよりも得をするわけだ。

 車の状態は事故歴や外観によって決まるが、小さな傷は問題にしないようだ。事故歴は車ごとに詳しい記録が登録されており、ごまかすことは困難になっている。それぞれの車には固有のVIN (Vehicle Identification Number) があり、整備や修理の記録がコンピューターに登録されている。VINはフロントガラスの端に記入されていて、誰でも簡単に確認できるようになっている。VINさえ分かれば簡単にその車の記録を検索することができる。有料だが、CARFAXのWebsiteからも調べることができる。

 次は売り手・買い手双方がTag Agency(Yellow Pageで探すといいだろう)に出向き、個人売買の申請をする。ここで新しいTag Number、つまりナンバープレートを受け取る。この申請の際、売り手のTitle(車の所有権証明書)と買い手の自動車保険証が必要となる。買い手は事前に自動車保険に登録しておかなければならないのだ。Registration(申請書)に記入し、買い手が税金と申請料を支払うとTag Numberがもらえる。アメリカのTag Numberは車の後部だけに取り付けるようになっていて、日本のように前部につける必要はない。デザインもいろいろあり、自分で選択できる。州のマーク(フロリダ州はオレンジだ)のついたものが標準で、最も安い。
Tag_1

これがフロリダ州標準のTAGだ。州ごとに絵柄が異なっている

 申請の際に購入金額を記入するようになっていて、この金額に応じて税金が決まる。したがって金額を低く申請すれば税金を抑えることができる。売り手に不利益が生じるわけではないので、相談して低く申請すると良い。しかし、この車をディーラーや中古車業者に売る際に申請金額より高く売るのは困難になるので、いつ頃車を売るかを考慮し、その時のだいたいの値段を調べて申請金額を決めると良いだろう。

 受け取ったTag Numberを古いものと交換すれば、晴れて車の新オーナーだ。すぐその日から運転することができる。Tag Numberの取り付けはドライバー1本で簡単にできる。古いTag Number返却する必要はないので、記念に日本に持ち帰ることも可能だ。

« 両替 | トップページ | 学校の宿題 »

マイアミ生活術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/12979845

この記事へのトラックバック一覧です: 車を買う~個人売買~:

» 自動車保険比較情報 [自動車保険情報!自動車保険一番!]
今回は自動車保険比較に関することをお話致します。自動車保険っていろいろあるますよね?何十社もある中から選ばないといけませんからわけがわからなくなります。そんな時に活躍してくれるのが自動車保険の比較サイトです。10社・20社の自動車保険の会社... [続きを読む]

» 自動車保険見積情報 [自動車保険情報!自動車保険一番!]
自動車保険の見積をする時にあなたはどんなことを注意しますか?価格でしょうか?サービス内容でしょうか?それとも信用でしょうか?とうぜん、安いにこしたことはありませんが、私としてはやっぱり『人身傷... [続きを読む]

» 自動車・バイク保険/JA自動車共済安いがデメリットは?実は無し!【JA保険かダイレクト系で比較&見積】 [自動車保険/バイク保険最適化マニュアル@JA共済かダイレクト系で比較&見積]
自動車保険って高いですよね、掛け捨てなのに・・。同じような条件なら安いほうがいいに決まっています。しかし安かろう悪かろうでは困りますね。私はJA共済をお勧めしたいのですが困った点もありました。もう10年以上前のことですが体験談をお話します。安い自動車保険を検討するに当たり参考していただけると幸いです。... [続きを読む]

» JA自動車共済(自動車・バイク保険)のここがスゴイ!!【JA保険かダイレクト系で比較&見積】 [自動車保険/バイク保険最適化マニュアル@JA共済かダイレクト系で比較&見積]
自動車保険は安いほどいいですよね、しかも補償内容がおなじならなおさらです、安くするためにダイレクト系もありますが返って高くなってしまう人、あるいはちょっと不安な人もいるようです。JA自動車共済ならその点もクリアしてしまうかもですよ。ぜひJA共済でも時期更新時に考えて見ましょう。... [続きを読む]

» より解りやすく自動車保険比較見積、自動車事故での示談を解説をしてみたいと思います。 [自動車保険比較サイト 書き尽くせ!自動車保険の事件簿]
より解りやすく自動車保険比較見積及び、自動車事故での示談を解説をしてみたいと思います。 [続きを読む]

» JA自動車共済(自動車・バイク保険)のここがスゴイ!!その2【JA保険かダイレクト系で比較&見積】 [自動車保険/バイク保険最適化マニュアル@JA共済かダイレクト系で比較&見積]
いつもトラックバックやコメントを、いただきまことにありがとうございます。本日は自動車保険を安くするためのひとつの選択肢JA共済についてさらに掘り下げた内容をご案内しています。ダイレクト系保険で安くならなかった場合でもJA共済ならきっとあなたの保険料が安くなります!... [続きを読む]

» 新古車について [新古車]
田辺と申します。新古車について色々と書いております。私の知識が皆様の役に立ちましたら、とても嬉しいです。 [続きを読む]

» 自動車保険18社一括見積り [無料!資料請求サイト!]
イオン保険マーケットでは18社の保険会社から自動車保険見積りを 取り寄せが可能で... [続きを読む]

» 中古車個人売買【自動車購入@マニアル】 [自動車購入@マニアル]
中古車個人売買【自動車購入@マニアル】☆☆☆☆☆中古車個人売買自動車の車検証を見れば、「所有者」「使用者」という欄があります。きちんとした手続で、名義の移転をしないと、後々面倒なことになってしまいます。また、中古車ディーラーで買う場合と違い、保障が無かったり、ローンが使えなかったりと、制限も多いものです。でも、これをやることは、簡単です!中古車ディーラーは、これをやっているのです!そうなんですこれは、人間がやっているのです!そう誰での出来ます!これが出来れば、安く自動車に乗る...... [続きを読む]

« 両替 | トップページ | 学校の宿題 »