« インターネット開通 | トップページ | リージョンコードフリーDVDプレーヤーを購入 »

2006年9月23日 (土)

The Protector(トム・ヤム・クン!)

予告通りトニー・ジャー主演「The Protector(邦題トム・ヤム・クン)」を観てきました。

凄い!!としか言えない。すでに「マッハ」体験はしていたので、かなり期待して観たのですが、それでも・・・(絶句)。今年のベスト3には間違いなく入ります!

日本公開時に鑑賞していないので、米国公開版が同じ編集なのかは分からないのですが、クエンティンタランティーノPresentsなんですね。

ここから先はネタバレありなのでご注意下さい。日本ではDVDレンタル・販売が始まっているので、是非ご覧下さい。

ストーリーは単純で、一部で酷評されているようですが、中国人や白人に対する怒りや、タイ人の誇りがそこはかとなく感じられて、結構好きです。

アクションはもう観てもらうしかないのですが、トニー・ジャーの人間離れした身体能力は凄い!の一言です。早回しを使用せず、逆にストップモーションを多用して技の細部を見せる手法は未だかつて経験したことのない衝撃を与えてくれます。格闘技漫画でしか観られないような連続蹴り技や脅威のジャンプ技を堪能できます。加えて、特筆すべきはカメラワーク。主人公の心理状態が不安→悲しみ→怒りと変化して行くにつれてシーンごとのカメラワークも変わっていきます。特に中盤の敵地乗り込み階段駆け上がり長回しシーンとクライマックスの関節技決めながらの投げ骨折りまくりアップ多用手持ちカメラシーンは必見です。何度でも繰り返しみたいアクションシーンのオンパレードです。

大興奮で鑑賞していたのですが、今回も劇場は静かでした。週末で結構入っていたのになぁ。でも、アメリカ人は衝撃で言葉もなかった、というのが本当のところかもしれません。だって、映画終了後に近くにいた人から声をかけられましたから。

「あなたもあんな風に戦えるの?」

アジア人がみんなあんなに強かったら、アメリカはもっと衰退していたでしょう。たぶん。

« インターネット開通 | トップページ | リージョンコードフリーDVDプレーヤーを購入 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとう。
アメリカでもヒットしているようですね。
ムエタイでもカンフーでも、大男をやっつけると、すっきりしますねぇ。

kimion20002000さん、こんにちは

タイ語と英語、それに中国語のチャンポン(+英語字幕)はなかなか辛いものがありましたが、アクションのカタルシスがすべてを吹き払ってくれました。久々に映画を見終わった後に自分が強くなったような気がする作品でしたね。大きなガラス窓を見ると駆け上りたくなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/12017093

この記事へのトラックバック一覧です: The Protector(トム・ヤム・クン!):

» アフィリ金字塔があと2日で値上げ!&トムヤムクン [自宅で仕事のススメ! 副収入まずは月収30万  初心者でも稼ぐインターネットビジネス関連情報!]
タイのアクションスターでムエタイファイター、 トニージャー主演のアクション映画 [続きを読む]

» NO.173「トム・ヤム・クン」(タイ/ブラッチャヤー・ビンゲーオ監督) [サーカスな日々]
タイのアクション・ムービーは、 アドレナリン出まくりで、陶酔させられるぞ! 「ねぇ、なんかさ、元気の出る映画ないかなあ」と訊かれたら、僕が紹介する映画は決まっている。 タイの一連の格闘映画である。 2003年、「マッハ」登場!彗星のごとく現れたトニー・ジャーという肉体に、僕たちは唖然とした。CGなし、ワイヤーなし、スタントなし、このナイナイづくしに、嘘だろ!と思いながら、はじま�... [続きを読む]

« インターネット開通 | トップページ | リージョンコードフリーDVDプレーヤーを購入 »