トップページ | Cell Phone(携帯電話) »

2006年8月 9日 (水)

初めての海外生活

 念願の海外生活が始まって2週間ほど経過しました。今夏よりアメリカフロリダ州マイアミ大学で留学生活を送ることになったのです。ハリケーンが来る前にマイアミ入りできて一安心しているところです。

 現在は生活のセットアップをしている最中です。海外生活を始めるにあたり、さしあたって必要になるのは以下のようなことでしょうか。

1.留学先でのOrientation(IDの取得)
2.Social Security Number申請
3.住居
4.電気、電話、テレビ、インターネットなどのUtility
5.銀行口座開設
6.車
7.Driver's Lisence取得
8.Cell Phone(携帯電話)取得

 どこから手をつけるかは考え方次第ですが、マイアミは電車・バスなどがあまり発達していないので、車は必需品です。車を手に入れるまではレンタカーを借りることになりますが、初めての右車線走行、最初はドキドキでした(すでに2回ほど左車線を走行してしまいました。幸い大事には至らず)。インターネットを使えば日本からでも簡単にレンタカーを予約できます。

http://www.hertz-car.co.jp/

 Hertzはアメリカ大手のレンタカーチェーンです。値段は高めですが、車が新しく、種類も豊富、支店もあちこちにあります。上記のホームページからは日本語でオーダーできるので便利です。最初の1週間は車で町中を走り回って、土地勘を養いました。

 地図はひとまず到着した空港でTown Mapを手に入ました。あまり細い道は乗っていませんが、最初に使用する分には問題ありませんでした。

Gs1Gs2 ガソリンスタンドはほとんどがセルフサービスです。クレジットカードがあるとスタンドのところですべて済んでしまいます。が、円建てのカードは使用できません。日本にいるうちにCitiCardでドル建ての“ドルカード”を作っておいたので、これで支払うことができました。カードを挿入し、すぐに抜くとメッセージがでてZip Code(郵便番号)を入れるよう指示してきます。日本の住所の番号でもOKでした(桁が違うので全部は入力できませんが)。次にノズルを持ち上げ、ガソリンの種類をボタンで指定すると給油可能となります。給油口にノズルを差し込みハンドルを引くと注入開始、満タンになると自動で止まります。ノズルを元の場所に戻すとレシートがいるかどうか聞いてくるので画面にタッチして指示すると終了です。
 カードが使えない場合はスタンドの建物内へ行き、レジの人に「何番のスタンドで何ガロン(あるいは何ドル分)のレギュラーガソリンをくれ」と言って先払いすれば給油できます。

 ガソリンは値上がりを続けています。それでも日本の半額をちょっと超えるくらいですが。

 これでまず移動手段を手に入れました。 

トップページ | Cell Phone(携帯電話) »

マイアミ生活術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125260/11362588

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての海外生活:

トップページ | Cell Phone(携帯電話) »